池袋情報
   2018年 10月

バックナンバー
2002年9月~
Ikebukuro Guide
 池袋関連本
イベント ビデオ 51回ふくろまつり(2018) 縁  リンク
2018 秋祭り
2018 池袋演劇祭
いけぶくろねっとについて 池袋西口エスニックマップ
Web www.ikebukuro-net.jp
いけぶくろねっと
書店アニメ
CDshop楽器屋
映画館劇場
ライブハウス
学びリンク
スポーツ用品
 ボーリング場
美術館・博物館
図書館
学校リンク集
大学
NPO・ボランティア
交通機関
天気予報
豊島区選挙データ
豊島区議
豊島区の外国人
デパート・大型店
豊島の名品・名産
ホテル・旅館
貸し会議室
100円shop金券shop cat-cafe
PCSHOP
 囲碁・将棋
新聞都内版
池袋関連書籍
みらい館大明
池袋ブログ
E-mail

いまできること 災害支援

2018年7月豪雨緊急災害支援募金
Google クライシスレスポンス 原発事故の食品への影響

2018年 10月 19日(金)

東京音大の芸術祭 11月3日・4日 雑司が谷では最後か?

東京音大芸術祭
東京音大芸術祭
 東京音楽大学の学園祭「第55回芸術祭」が11月3日・4日に開催される。今年は大学創立111周年記念事業と併せて行われる。3日と4日にはホールで吹奏楽、オーケストラの演奏との演奏会や野外ステージでのイベント、模擬店などにぎわう。
 2019年4月から東京音大の学部2年生以上の授業は「中目黒・代官山新キャンパス」で行われることが予定されていて、多くの学生は「池袋キャンパス」から中目黒に移動する。雑司が谷での「芸術祭」は今年で最後になるのだろうか?跡には音大付属高校が移設される。
 11月は大学の文化祭の季節、豊島区内では、学習院大学の「桜凛祭」は11月2日~4日、立教大学池袋キャンパス「The 34th St. Paul's Festival」は11月3日~5日、大正大学「鴨台祭」【おうだいさい】は11月3日・4日に開催される。
■東京音大 芸術祭 https://twitter.com/tcm_geisai
■東京音大 中目黒・代官山新キャンパス http://www.tokyo-ondai.ac.jp/d/index.html
■学習院大学 桜凛祭 https://www.gakushuinfes.site/
■立教大学 St. Paul's Festival http://www2.rikkyo.ac.jp/sgrp/spf/index.html
■大正大学 鴨台祭 http://ohdaisai.jp/2018/
       

2018年 10月 18日(木)

 豊島区でも駅伝大会、12月16日(皇居一周コース) 参加チーム募集

  豊島区陸上競技協会が12月16日に第66回区民駅伝大会を開催する。その参加チームを11月16日から始める、締切は郵便は11月28日、メールでは12月1日。
 1チームは監督1人、競技者4人、補欠2人まで。チームは一般男子、大学高校、壮年(40歳以上)、混成(男女)、一般女子、中学生(男女)の部の7部となっている。参加料1チーム4,000円(中学生の部は3,000円)
 走行距離は1人1周(約)5km×4区間、一般女子・中学生(男女)の部は(約)2km-3km-2km-3kmの4区間
 昨年の第65回には、一般男子は9チーム、大学高校12チーム、壮年7チーム、混成4チーム、一般女子5チーム、中学男子29チーム、中学女子15チームで合わせて81チームが参加した。一般男子1位は豊島区ER-A、大学高校の1位は立大長距離4年、壮年チームの最高年齢者は71歳、中学男子の1位は中村中A、中学女子1位は開四陸上B。
■豊島区陸上競技協会 https://www-cc.gakushuin.ac.jp/~19920096/toshima/
■豊島区役所 http://www.city.toshima.lg.jp/136/sports/1809280938.html

2018年 10月 17日(水)

 東京で働くと1時間あたり985円になった。東京都最低賃金が27円引き上げられた

 東京都内で会社などで働くひとの1時間あたりの最低賃金が10月1日から985円となった。東京都最低賃金は、雇用されている常用・臨時・パートタイマー・アルバイト等の属性、性、国籍及び年齢の区別なく適用される。昨年(2017年)から27円引き上げられた。2009年には25円改定され791円、そのご毎年改定が行われ、2015年に900円台になり、そして2018年に985円と千円に近づいている。
 近隣の神奈川は983円、埼玉は898円、千葉は895円、山梨は810円となっている。全国の加重平均では874円、この平均より高額なのは東京が1位で神奈川、大阪、愛知、埼玉、千葉、京都の7都府県のみだ。低いのは鹿児島の761円、次は762円の青森、秋田、岩手、高知、熊本、沖縄など11県となっている。東京都と鹿児島県では224円の差がある。
 最低賃金の根拠法は、最低賃金法で違反すると50万円以下の罰金となる。
■ハローワーク池袋
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/list/ikebukuro/important_topics/0912_001_00001.html
■地域別最低賃金 全国一覧 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/
■最低賃金法 http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=334AC0000000137

2018年 10月 16日(火)

若者のひきこもりについての相談会  21団体ブース 10月21日

  10月21日(日)に代々木の「国立オリンピック記念青少年総合センター」で『ひきこもりでお悩みのご本人・ご家族向け 合同相談会』が開催される。東京都が認定しているひきこもり関連の民間支援団体が21「ブース」を設けてパネル展示やパンフレットなどを配布と団体スタッフに相談できる。21団体のうち<SCSカウンセリング研究所>、<やまて福祉会>、<楽の会リーラ>は豊島区内に本拠を置いている。
 事前予約不要、無料、入退場自由。主催は東京都、時間は午後2時00分から午後5時00分まで。
 ひきこもりのサポートについては都の「ひきこもりサポートネット」でさまざまな情報提供をおこなっている。上記の相談会の参加団体についても「東京都若者社会参加応援事業」のページでで紹介されている。
■若者ひきこもり相談会 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/09/20/02.html
■ひきこもりサポートネット https://www.hikikomori-tokyo.jp/
■東京都若者社会参加応援事業 https://www.hikikomori-tokyo.jp/wakamono/

2018年 10月 15日(月)

 東京2020大会ボランティア募集中 12月5日と12月上旬まで

 「東京オリンピック・パラリンピック2020」のボランティアの募集が始まっている。ボランティアといっても、「都市ボランティア」と「大会ボランティア」の2種類ある。
 「都市ボランティア」は、羽田空港、東京駅・新宿駅など鉄道駅、浅草などの観光地、競技場最寄り駅、競技場までの動線での活動で、東京都が担当で30,000人の募集。「大会ボランティア」は、競技会場、選手村、大会施設等での、観客サービスや競技運営のサポート、メディアのサポートなど、大会運営に直接携わる活動で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が担当していて募集は80,000人
 都市ボランティアは5日以上(休憩時間を含み1日当たり5時間程度)、支給されるのはユニフォーム一式、活動中の飲食、ボランティア活動向けの保険、活動場所までの交通費相当として一定程度
 大会ボランティアは、10日以上活動を基本(休憩、待機時間を含み1日8時間程度)、10日を下回る場合もある(連続では5日以内が基本)。支給されるのはユニフォーム一式、活動中の飲食、ボランティア保険、滞在先から会場までの交通費相当(1000円/日)となっている。
 応募希望者は、都市ボランティアはHPからと郵送、FAXで。大会ボランティアは下記HPから。
■都市ボランティア http://www.city-volunteer.metro.tokyo.jp/index.html
■大会ボランティア https://tokyo2020.org/jp/special/volunteer/ 

2018年 10月 12日(金)

 5人の真打ち披露興行  池袋演技場10月下席 

 池袋演芸場で落語協会の「真打ち披露興行」が10月下席(21日から30日)の昼の部(午後1時から5時)に行われる。古今亭駒治さん、柳家小平太さん、柳家勧之助さん、林家たこ蔵さん、古今亭駒子さんの5人で、2003(平成15)年に入門の同期だ。披露興行は9月下席の鈴本演芸場、新宿末広亭、浅草演芸場、池袋演芸場の10月下席と続き、最後は11月上席の国立演芸場で行われる。
 今回の真打襲名でめずらしいのは、古今亭駒子さんで師匠が古今亭菊千代さんなので「師弟とも女性落語家の真打」の誕生だそうだ。
 興行は5人が2日毎にとり(主任)になる。トリとなる日は落語協会の会長柳屋市馬さんと副会長林家正蔵さんとそれぞれの師匠の「真打昇進襲名披露口上」がある。入場料2,800円
■池袋演芸場 http://www.ike-en.com/index2.html
■落語協会 http://rakugo-kyokai.jp/jyoseki/index.php?pid=4

2018年 10月 11日(木)

 お金をめぐる物語 オーストラリアの劇団が池袋西口公園で 10月20日から

スモール・メタル・オブジェクツ
 オーストラリアの劇団「バック・トゥ・バック・シアター」が池袋西口公園で『スモール・メタル・オブジェクツ』という芝居を10月20日から29日まで公演する。この劇団は<知的障がいを持つと考えられる俳優によるアンサンブルで、東京では、アンサンブルから4名の俳優が出演>する。
 『スモール・メタル・オブジェクツ』は「小さな金属の物体=お金」を巡る物語で、金銭の価値、そして金銭を巡る人間関係について芝居。屋外の池袋西口公園で展開され、観客はヘッドフォンから俳優たちの声を聞き、人混みの中でドラマを観ることになる。昼間の公演で開演は11時か14時に開演する。日によっては1日に2回で期間内に14回上演する。
 入場料は全席自由(整理番号付・専用ヘッドフォン付・税込)で前売3,000円、当日3,500円、高校生は前売・当日とも1,000円。「東京芸術祭2018」事業で東京芸術劇場主催。
 なお同じ西口公園で10月18日から28日に夜7時から「東京芸術祭2018」の『三文オペラ』公演がある。
■芸劇 http://www.geigeki.jp/performance/theater192/#new_tab
■スモール・メタル・オブジェクツ https://australianow2018.com/program/small-metal-objects
■三文オペラ http://tokyo-festival.jp/2018/program/1686/

2018年 10月 10日(水)

 池袋駅のアップルロードにTSUTAYA BOOKSTOREが出店

TSUTAYA BOOKSTORE EQUiA池袋店
 池袋駅構内のアップルロードに面した小さな書店「東武ブックス」が9月中旬ごろから「TSUTAYA BOOKSTORE」と名前を変え営業している。店頭にはおすすめ本、BOOKRANKING、CD/GAME RANKING の書棚、雑誌書棚、そして、セルフレジ、奥には文房の棚と以前のイメージを大きく変えている。以前は店先の雑誌にシールが貼られて立ち読み許さない守りの書店だったが、明るく開放的でちょっと立ち寄りやすい店頭になった。ちなみにこの場所は、池袋駅西口地下街だが「EQUiA(エキア)」という名称の商店街だ。
 この屋号に変更は、運営している「株式会社クロス・ポイント」(旧東武ブックス)が「TUTAYA」が蓄積したノウハウを活用するために「TUTAYA」とフランチャイズ契約をして「TSUTAYA BOOKSTORE」に変更している店舗のひとつだ。
■TSUTAYA BOOKSTORE 池袋店 http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/2428.html
■エキア http://www.tobu-equia.com/ikebukuro.html

2018年 10月 9日(火)

10月18日は「お会式」のクライマックス 東池袋の最大のまつり 

  雑司が谷鬼子母神の「御会式」が10月16日から18日まで行われる。御会式は江戸時代から続いている日蓮宗のお祭りだが、一宗派の行事にとどまることなく雑司が谷地域のおまつりとして親しまれている。それはクリスマスの行事をクリスチャンで無い人が祝うのに似ている。
 御会式のハイライトは「万燈行列」で数十人で構成された講社単位で練り歩く。講社は白い和紙で作られた花を一面につけた高さ3~4メートの万灯を掲げて、纏(まとい)を振り、それぞれ数十人が独特のリズムで<うちわ太鼓を打ちながら練り歩く。
 16日は地元の講社が鬼子母神まで。17日は20講社が夜7時30分から文京区目白台の清土鬼子母神から雑司が谷鬼子母神まで。最終日の18日は夜7時から池袋東口西武デパート前から鬼子母神まで練り歩く。地元23講社とおよそ30の遠征講社との50数講社による「万燈行列」だ。
■雑司が谷鬼子母神 http://www.kishimojin.jp/
■お会式連合会携帯サイト http://www.rengokai.net/top.cgi

2018年 10月 5日(金)

立教通りの「夏目書房」閉店セール中 10月末に閉店

 立教通りの老舗「夏目書房池袋本店」が閉店セールをしている。店内には30%OFFのビラが張られている。いつ閉店するのか?ホームページによると10月末に閉店する。夏目書房の創業は、現店主の祖父の時代から4代前で約80年前だそうだ。
 閉店はインターネット・電子書籍・スマホなどの技術革新、大型古書店の出現など書籍を取り巻く環境の大きな変化が小さな古書店の存在を脅かしているのだろう。ただ「夏目書房」が全く廃業するのではなく、三代目店主の夏目滋さんが神田神保町出店した店舗「ボヘミアンズ・ギルド」は引続き営業を続ける。
 かって池袋西口には「夏目書房」と「八勝堂書店」との2つの古書店があったが、今年(2018)2月末には八勝堂が閉店していて、今度の夏目書房の閉店で西口から古書店が消える。●八勝堂閉店
■夏目書房 http://www.natsume-books.com/

2018年 10月 4日(木)

 池袋西口公園で音楽劇『三文オペラ』を立ち見をしよう 10月18日から28日まで夜7時から

 東京芸術祭の『三文オペラ』が池袋西口公園で「野外劇」として10月18日から28日に毎日(23日のみ休演)19時開演。 『三文オペラ』はブレヒト原作で音楽はクルト・ヴァイル作曲の2時間ほどで音楽劇。
 今回の公演はイタリアのジョルジオ・バルベリオ・コルセッティさんの演出で、出演者は、コルセッティさんが昨年12月に7日間にわたって実力本位のオーディションで250名の応募者から選ばれた15人。伴奏はピアノ、アコーディオン、電子ピアノで行われる。
 入場料はワンコイン(500円)だが予定枚数はすでに売り切れとなっている。しかし囲いがない公演のため、客席以外のエリアからは無料て上演を眺めることも可能。
 なぜ野外で「三文オペラ」なのか?東京芸術祭 総合ディレクター宮城聰さんによると<芝居が好きな人と芝居を見たことのない人との溝をどうにかしたいという>想いからだそうだ。そのため入場料が安くし、さらに演劇を見たことがない人が池袋で演劇と偶然に出会いがあればと!。
■野外劇 三文オペラ http://tokyo-festival.jp/2018/program/1686/
■東京芸術祭2018 http://tokyo-festival.jp/2018/
       

2018年 10月 3日(水)

「東京さくらトラム」沿線でバラ見物  そして旧古河庭園で

 「東京さくらトラム」? 都電荒川線の愛称で2017年4月に決められた。その路線の向原と大塚駅前との沿線で10月14日から10月28日に「第14回大塚バラまつり」が開催される。沿線には国内外の500種710株のバラが植えられている。初日の14日にTRAMパル大塚(大塚駅前広場)でオープニングイベントとバラの即売会、植え替え講習会、フリーマーケットなどがおこなわれる。
 さらに都電で三ノ輪橋に向かって 荒川遊園入口付近、町屋駅前停留場付近、荒川二丁目停留場付近、三ノ輪橋停留場付近などのバラ花壇5箇所に約140種13,000株が植えられている。
 JR駒込駅から徒歩5分ほどの都立庭園「旧古河庭園」のバラも見頃となっている。10月6日から21日旧古河庭園100年記念イベント「秋のバラフェスティバル」が開催される。庭園には約100種199株の色とりどりのバラが咲き誇る。
■大塚バラまつり http://www.toden-rose.com/wp/?p=716
■荒川区 https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kankyo/koen/hana/barakaorumati.html
■旧古河庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/034/detail/41171.html

2018年 10月 2日(火)

 芝居「ゲゲゲの先生へ」水木しげるの世界 芸劇10月8日から

「ゲゲゲの先生へ」
  ‏東京芸術劇場プレイハウスで10月8日から21日に芝居「ゲゲゲの先生へ」が上演される。作品は水木しげるさんの原案を前川知大さんが脚本・演出を担当する。
 ねずみ男を思わせる根津(ネズ)を佐々木蔵之介さん、花子で妖怪に松雪泰子さん、オババで妖怪に白石加代子さん、都市の権力者の山田に手塚とおるさん、そして池谷のぶえさん、浜田信也さんなどが出演する。
 ホームページによると、この作品は水木さんの一つの作品の舞台化でもなく、評伝でもない「水木しげる」の世界観を幾つかの原作短編を織り込んだ前川知大さんのオリジナルのストーリー。水木さんの世界観は、水木さんの作品やその登場人物、エッセイやインタビュー、エピソードなどから読み解いたそうだ。
 この芝居は東京芸術劇場の制作で、東京公演のあと11月末まで松本、大阪、豊橋、宮崎、北九州、新潟を巡演する。
■「ゲゲゲの先生へ」 https://www.gegege-sensei.jp/1

2018年 10月 1日(月)

 体育の日 10月8日 チョット運動 総合体育場で


拡大
   10月8日にサンシャインシティの隣の豊島区の総合体育場と朋有小学校校庭で「としまスポーツまつり」が開催される。午前10時から午後3時(最終受付 午後2時30分)で当日会場での申込み。
 種目は総合体育場では●スピードガン●ミニボウリング●キックターゲット、そして「走り方教室」、午前10時から正午までは●グラウンド・ゴルフ●ラグビー、午後1時から3時には●バレーボール●キンボールスポーツなど。
 朋有小学校会場では【チャレンジひろば】でヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目の「●ボッチャ」、パラリンピック体験プログラムの「●NO LIMITS CHALLENGE」体験。【秋まつりコーナー】では射的、缶たおしなど、軽食販売もある。
■としまスポーツまつり https://www.city.toshima.lg.jp/136/sports/1808151544.html
■豊島区スポーツ推進委員協議会 http://www.toshima-taishi.com/index.html
■ボッチャ http://japan-boccia.net/
■NO LIMITS CHALLENGE http://no-limits.tokyo/nlc/
 

2018年 9月 28日(金)

 2020年から豊島区上空を旅客機が通過 羽田の新空港ルート


豊島区上空
  羽田の新空港ルートが品川区の9月30日に投開票が行われる区長選挙で大きな争点(東京新聞WEB版9月27日)になっている。品川区内で旅客機が300メートルで飛ぶ地点があり、現職と新人が立候補していて意見が割れている。
 この新空港ルートは豊島区も無関係ではない。南風のときC滑走路に着陸する便が豊島区の西武鉄道東長崎駅周辺の上空を通過する案が示されている。南風好天時の到着便で、15時から19時のうち、経路の切り替え時間を除く3時間半だそうだ。飛行高度は4000FT(1219m)から3000ft(914m)の間での飛行が想定されている。このルートは北区、練馬区を通過し東長崎を経て新宿の上空から羽田空港に着陸する。通過高度の4000FT(1219m)の騒音は大型機68・69dB程度が想定されている。ちなみに池袋駅前の平均値は67dB(国土交通賞試算。)
 新空港ルートは外国人旅行者の増大や2020年の東京オリンピック・パラリンピックに備えて羽田国際空港の機能を強化するためのものだ。国土交通省による説明会は2016年から豊島区でも開催している。
■東京新聞 9月27日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201809/CK2018092702000133.html
■豊島区役所 https://www.city.toshima.lg.jp/153/machizukuri/1507011358.html
■東京都庁 http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/haneda/
■羽田空港のこれから http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/haneda/

2018年 9月 27日(木)

 小・中学校の体育館に冷暖房 2019年度中に

  豊島区のHPによると、豊島区は区立小・中学校の体育館に2019年度中に冷暖房を導入する方針を、9月26日の区議会第3回定例会で高野豊島区長が表明した。現在は、区立小学校22校のうち3校、中学校8校のうち3校に冷暖房の設置していて、未設置の24校に来年度中一斉導入を目指す。
 一方、NHKテレビの報道によると東京都議会の代表質問で小池知事は<都立の高校や特別支援学校の体育館などで冷房の設置・・、都立以外の公立の小学校や中学校の体育館については区市町村に対して必要な財政支援を行う考え>があると答弁している。
 豊島区には24校に冷暖房設置は財政的には大きな負担となると思われるが、東京都からの支援はタイミングがいい。
■豊島区 http://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/h3009/1809261643.html
■豊島区議会 http://www.kensakusystem.jp/toshima-vod/index.html
■NHK https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180927/0018972.html
■東京都議会 https://www.gikai.metro.tokyo.jp/live/

2018年 9月 26日(水)

 豊島区のオーケストラとブラスバンドの演奏会 芸劇で9月29日

 9月29日(土曜)に東京芸術劇場で豊島区管弦楽団と豊島区吹奏楽団の演奏会がある。2楽団の演奏会だが合同演奏会ではない。
 午後1時から豊島区吹奏楽団演奏会で指揮は大釜宏之さんで、第1部は伊福部昭さんなどの邦人作品特集、第2部はサウンド・オブ・ミュージック メドレー など。
 豊島区管弦楽団は18時30分から 指揮は和田一樹さん、ソリストは冨永愛子(ピアノ)でチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番と交響曲第6番『悲愴』など。 
1公演 前売1,000円、当日1,200円 2公演前売のみ1,500円
 豊島区管弦楽団は1975年、豊島区吹奏楽団は1976年に豊島区教育委員会の文化事業としてアマチュアの音楽家とともに創立した楽団で、豊島区の支援を受けつつ自主的に活動している。両楽団の設立の背景には、豊島区が実施していた「子どものためのバイオリン教室」などの文化振興事業、そして当時の(旧)豊島第十中学が吹奏楽全国大会で金賞を獲得するなど吹奏楽が盛んであったことなどがある。
■としま未来文化財団 https://www.toshima-mirai.or.jp/tabid216.html?pdid1=1669
■豊島区吹奏楽団 http://www.toshima-wind.org/
■豊島区管弦楽団 http://toshima-orch.music.coocan.jp/

2018年 9月 25日(火)

池袋の電気バスは 高速バス会社WILLER(ウィラー)に


池袋電気バスプラン
 池袋駅周辺の4つの公園(池袋西口公園、南池袋公園、造幣局跡地防災公園、中池袋公園)を結ぶ電気バスの運行会社を公募していたが、9月19日に選定委員会が協定を結ぶ予定の候補会社を公表した。
 選定会社は「高速バス会社WILLER(ウィラー)」で提案には<高速バスとの連携や外国人会員プログラムを活用した情報発信、豊島区をアニメと文化の拠点として世界に発信する>などが優れていたという。WILLER(ウィラー)は高速バス21路線で280便を運行している大手の高速バス会社で、サンシャインシティからも高速バスを運行している。
 豊島区の計画では2018(平成30)年度中に運行計画、デザイン実施設計、車両購入、関連設備の整備、運行手続きなど行い、2019年に運行開始予定となっている。
■池袋電気バス計画 https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/kaiken/documents/20180131kishakaiken.pdf
■豊島区役所 電気バスを運営事業者の選定
http://www.city.toshima.lg.jp/298/machizukuri/kotsu/bus/1809191343.html 
■WILLER http://www.willer.co.jp/index.php
■サンシャインバスターミナル http://www.sunshinecity.co.jp/information/access_bus.html

2018年 9月 21日(金)

 名誉都民に 美輪明宏・笹本恒子(写真家104歳)・奥山峰石(金工鍛金家)

美輪明宏の世界
美輪明宏の世界
 10月1日に俳優の美輪明宏さん、写真家の笹本恒子さん、金工鍛金家の奥山峰石さんの3名に2018(平成30)年度の名誉都民の称号が贈呈されることが決まった。名誉都民とは東京都が贈呈しているの称号。1958(昭和28)年から行われていて、これまでに111人に贈られている。最初は政治家の尾崎咢堂さんと植物学者牧野徳太郎さんで、昨年は元東大総長の有馬朗人さん、スキーの猪谷千春さん 芸術家の草間彌生さん そして111人目が女優の黒柳徹子さんだった。
 美輪明宏さんは83歳の歌手としてコンサートやテレビ出演などで忙しい。現在も東京芸術劇場で10月2日まで11回のコンサート、その後も福岡、大阪などでも公演する。笹本恒子さんは104歳の現役で活動している報道写真家。これまでに吉川英治文化賞などを受賞し、写真集や自伝や著作もたくさんある。奥山峰石(おくやまほうせき)さんは81歳の金工鍛金家で人間国宝(重要無形文化財保持者)でもある。
■名誉都民 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/08/31/13_01.html
■美輪明宏公式サイト http://o-miwa.co.jp/
■笹本恒子写真賞 http://www.jps.gr.jp/sasamoto-award/
■人間国宝 奥山峰石 https://www.nihonkogeikai.or.jp/works/848

2018年 9月 20日(木)

 都議会・豊島区議会も動いています 代表・一般質問・・・

 都議会と豊島区議会が、偶然にも昨日(9月19日)から始まっている。両議会とも初日は都は小池知事、豊島区は高野区長の「議会招集あいさつ」、そして9月26・27日も都は代表質問と一般質問、豊島区は一般質問が行われる。都議会は10月5日に、豊島区議会は10月29日に終了する。
 都区とも本会議での初日の知事、区長の挨拶、代表質問と一般質問はインターネットでライブと録画で中継される。豊島区議会は一般質問者名と質問内容が事前にHPで公表されているが、都議会のHPには代表質問と一般質問の質問者、質問内容は公表されていない。
 豊島区議会の一般質問は、26日に村上宇一さん、西山陽介さん、垣内信行さん、藤本きんじさん、河原弘明さんの5議員。27日はふるぼう知生さん、小林弘明さん、石川大我さん、芳賀竜朗さん、ふまミチさん、小林ひろみさん、山口菊子さんの7議員。質問はふるさと納税、長崎地域の街づくり、児童相談所設置、民泊、スポーツ推進計画など身近なテーマが多い。
 豊島区議会は、本会議だけではなく決算特別委員会、予算特別委員会はインターネットでライブ中継と録画でも閲覧できるようになっている。それも後ほど本会議、決算特別委員会、予算特別委員会については日程・テーマ・議員名で検索可能だ。さらに総務、区民厚生、都市整備、子ども文教などの委員会の録画も閲覧でき、どのような議論がされたかを知ることができる。
■豊島区議会 https://www.city.toshima.lg.jp/kuse/gikai/index.html
■豊島区役所提出案件 http://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/h3009/1809200905.html
■区議員名閲覧(録画) http://www.kensakusystem.jp/toshima-vod/giin.html
■会議録検索 http://www.kensakusystem.jp/toshima/index.html
■都議会 https://www.gikai.metro.tokyo.jp/
■都庁提出案件 https://www.gikai.metro.tokyo.jp/bill/reg2018-3.html

2018年 9月 19日(水)

街の国際化 池袋マルイは英語・中国語・韓国語・タイ語で表記


池袋マルイ

東武池袋店
  池袋の街にも海外からの観光客が増えて、JR東日本、西武鉄道や東武鉄道はそれぞれ外国語でも対応できる案内所を開設している。そして池袋西武や東武池袋店では「免税手続きカウンター」を設置するなど観光客向けのサービスを強化している。
 池袋の大型店でも、店頭の店内案内は日本語と英語で表記が多いいが、「池袋マルイ」には外国語だけの案内表示がある。そこでは英語、中国語、韓国語、そしてあと一カ国語はあまり見慣れないタイ語で表記している。タイからのお客が多くなっているのだろうか?
 その他の大型店では、池袋西武本店と東武池袋店は英語のみ、ビックカメラとヤマダ電機は英語と中国語で、東急ハンズは英語、中国語、韓国語で表示している。
■池袋マルイ https://www.0101.co.jp/048/
■東武鉄道 https://tic.jnto.go.jp/detail.php?id=1079
■西武鉄道 https://www.seiburailway.jp/railways/tourist/english/information/help.html
■JR東日本 https://www.jreast.co.jp/e/customer_support/service_center_ikebukuro.html

2018年 9月 18日(火)

 シルクロード新世紀  古代オリエント博物館40週年

 サンシャインシティの「古代オリエント博物館」が、9月29日から12月2日に開館40週年記念特別展『シルクロード新世紀 — ヒトが動き、モノが動く —』を開催する。
 シルクロードとは中国と地中海世界の間の歴史的な交易路を指す呼称。2014年にシルクロードの一部である中国、カザフスタン、キルギスの関連遺跡など計33件が2014年に「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の名で『ユネスコの世界遺産』に登録された。
 登録理由は、シルクロードがユーラシア大陸の東西交流史において重要な役割を果たしたとう歴史的意義を認めたもの。
 日本でシルクロードが注目されているのは、奈良の正倉院にシルクロードを通って到来したの宝物の存在、そして1980年代にはNHKテレビが放映した「NHK特集シルクロード」でシルクロードがブームとなったことなどが契機となっている。それ以後にシルクロードの舞台だったユーラシア諸地域は政治的経済的に大きく変化し、そして発掘調査の新発見や研究成果などがあり、古代シルクロード像が大きく変化している。今回の展示で博物館は東・東南アジアのユーラシア各地を総合する<シルクロード概念の再構築>を試みるという。
入館料 一般 1000円、大高生 800円、中小生 600円
■古代オリエント博物館 http://aom-tokyo.com/exhibition/180929_silkroad.html

2018年 9月 14日(金)

アイヌ民俗舞踊 与那国棒踊り エイサー 南池袋公園で9月24日に

『ひとはおどる』日本の民俗舞踊
 9月24日に南池袋公園に、北は北海道のアイヌ民俗舞踊から南の沖縄県の与那国棒踊り、エイサー、そして豊島区からは長崎獅子舞が参加する<『ひとはおどる』日本の民俗舞踊>に11の民俗舞踊グループが集結する。
 11時から地元の「長崎獅子舞」から「エイサー」、「与那国棒踊り」、長崎県の「龍踊り」、岩手県の「中野七頭舞」、「アイヌ民俗舞踊」、岩手県の「金津流獅子躍」、岐阜県の「郡上踊り」、トークセッションを挟んで、「阿波おどり」、富山県の「おわら風の盆」、18時15分頃から最後の秋田県の「西馬音内盆踊り」と続く。踊るのは東京や近郊などで活動しているグループ。
 公園の芝生で、飲食しながらゆっくり、そしてエイサー、郡上おどり、おわら風の盆など、観客も参加して一緒に踊れる輪踊りもある。入場無料、雨降り時は「帝京平成大学ホール」になる。
■『ひとはおどる』 https://www.toshima-mirai.or.jp/tabid216.html?pdid1=1752

2018年 9月 13日(木)

週末には大道芸人たちのパーフォーマンスを 芸劇前で

 東京芸術劇場の主催でイベント「集まれ!池袋みんなの大道芸」を芸劇の前の広場で開催する。9月29・30日、10月20・21日、27日・28日、11月3・4日の土日に14時か15時から。15組のヘブンアーティストがそれぞれ30分ほど演じる。
 芸劇前に出演するアーティストは、足長・タンゴ「STILTANGO」マジックの「紙磨呂」、ジャグリングの「Juggler Laby」など、出演者や出演時間については下記の芸劇のホームページを参照。
 ヘブンアーティストとは、東京都が実施する審査会に合格したアーティストが所持する名称。都はアーティストに公共施設などを活動場所として開放している。
 なお、9月26・27・28日にはヘブンアーティストの公開審査会が芸劇前広場で行われる。第18回公開審査会に応募した247組のうち一次審査を通過したアーティストのパフォーマンスや音楽演奏が行われる。26日は音楽部門、27・28日はパーフォーマンス部門、見学自由。
■東京芸術劇場 http://www.geigeki.jp/performance/event209/
■ヘブンアーティスト審査会 http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/heavenartist/

2018年 9月 12日(水)

 池袋西口公園に古書が50万冊 秋の古本まつり

 池袋西口公園に赤や緑の縞模様のテントが張られている。このテント群は「第28回池袋西口公園古本まつり」で45軒の古書店が、9月16日まで文学・歴史・芸能・美術などの専門書から、子供の本・趣味の本・文庫本までおよそ50万冊を展示している。池袋西口公園で14年ほど前から開催されていて、春と秋の地域の恒例イベントとなっている。
 会場となっている西口公園の大改修工事が2019年1月から11月まで実施される。この期間の古本市はどうなるのだろう?場所を移して開催か、中断か。そして公園改修後にも再開するか?
■日本の古本屋 https://www.kosho.or.jp/event/detail.php?mode=detail&event_id=3795

2018年 9月 11日(火)

第51回「ふくろ祭り」9月23日 第19回東京よさこい 10月7日

  第51回「ふくろ祭り」は9月22日は「ふくろ祭り前夜祭」で午後1時から8時頃までバンド演奏やタヒチアンダンス、社交ダンスなどの舞台が続く、その横で「ちびっこ縁日」が午後7時まで。9月23日が本番で「御輿の祭典」で午後1時から駅前広場で「御嶽神社」の例大祭に関連して第三地区15町会からの子供神輿など御輿30基程が参加する「御輿パレード」が行われる。同時に駅前広場のステージでは「祭りばやし」、「太鼓ショー」などが行われる。そして駅前広場の午後5時45分から「ふくろ祭り」前半のクライマックスとなる大型神輿14基による『宵御輿』大パレードの「御輿発進式」が行われる。この14基の御輿の中に外国人が担ぐ「国際交流おみこしを担ぐ会」神輿がある。
 後半の「第19回東京よさこい」は10月6日の前夜祭は午後1時から50チームが参加し、7日の『東京よさこいコンテスト』には119チームが参加する。コンテスト会場は西口駅前とアゼリア通り会場で行われる。コンテスト会場とは別に池袋西口の2ヶ所と巣鴨駅西口、目白駅駅前広場、大塚駅北口でも演舞が行われる。
■ふくろ祭り https://www.yosakoitokyo.gr.jp/
■国際交流おみこしを担ぐ会 http://omikoshi.jp/

2018年 9月 10日(月)

 発掘された豊島区のたからもの 区役所5階に展示

 豊島区役所の5階のエレーベータの近くに「発掘された豊島区のたからもの」と題したコーナーがある。豊島区教育委員会が豊島区の遺跡発掘を進めておよそ30年が経過し、その成果の一端が展示されている。コーナーは展示趣旨パネルと発掘現場写真のパネル、そして遺跡出土物の実物を2つのガラスケースで展示している。
 一つのガラスケースに1「いにしえの人のたからもの」として駒込1丁目遺跡から出土した弥生時代後期のかめ、壺など、2「武士のたからもの」として大名屋敷跡の染井遺跡から出土の椀、化粧道具などを展示し、あと一つのケースに3「海を渡ってきたもの」として染井遺跡出土の中国の景徳鎮の皿、巣鴨遺跡出土の清朝時の碗、巣鴨遺跡からは北宋時代の皇宋通宝など、4「植木屋を彩るうつわ」から染井遺跡から舟型鉢、土瓶など、5「庶民のたからもの」には巣鴨遺跡から肥前産の皿など。6「子どものたからもの」では巣鴨遺跡からの江戸近郊産のままごと道具、泥面子などを展示している。展示は豊島区役所の庁舎まるごとミュージアムの一部で区役所が開いている日と時間に観ることができる。
 豊島区には17の遺跡があり、文化財保護法でこのような場所を「埋蔵文化財包蔵地」(周知の遺跡)と呼んで、保護・保存することになっている。2017年11月には池袋本町3丁目の包蔵地「池袋東貝塚」で新たに「貝塚」が発見されて注目された。
■豊島区の遺跡 https://www.city.toshima.lg.jp/349/bunka/bunka/bunkazai/1608160932.html
■としま遺跡調査会 http://wp.toshima-iseki.org/wp/
■ 庁舎まるごとミュージアム https://www.city.toshima.lg.jp/125/bunka/bunka/jigyo/034131.html

2018年 9月 7日(金)

 9月16日は雑司が谷散歩 古本と手作り品


みちくさ市(参考資料)
  9月16日(日)に、雑司が谷の鬼子母神と大鳥神社の境内で「手創り市」、鬼子母神通り商店街で古本フリマ「第43回みちくさ市」が開催される。「手創り市」は毎月1回開催されていて、手づくりの作品を作家自身が展示販売するブースが並ぶ。
 今月の「手創り市」は、鬼子母神境内では工芸クラフト部門が153ブース、フード部門が16ブース、そして大鳥神社の境内は工芸クラフト部門は 29ブース、フード部門9ブースが所狭しと並ぶ。
 「みちくさ市」は鬼子母神商店街の店頭を売り場にした古本を中心としたフリマで年5回ほど開催されている。今回で43回目の開催でなじみのイベントとなっている。今月も近くの雑司が谷文化創造館を会場にして、有料の「トークショー」と「雑司ヶ谷ワンコイン落語会」が行われる。
 トークは「談話室たまりあ~ステージ上の「私事」と「仕事」~」で姫乃たま(地下アイドル)× 小泉りあ(タレント・歌手)そしてゲストに作家の角田光代さんが出演する。落語は立川談吉さんと立川吉笑さん。
■手創り市 http://www.tezukuriichi.com/home.html
■鬼子母神通りみちくさ市 http://kmstreet.exblog.jp/

2018年 9月 6日(木)

 「東アジア文化都市2019」ってなんだろう。

 8月30日に中国 ハルビン市で行われた「第10回日中韓文化大臣会合」で豊島区が「東アジア文化都市2019」の3都市の一つに指名された。3都市とは中国の「西安市」韓国の「仁川広域市」、そして日本からは「豊島区」。これまで日本の都市で東アジア文化都市に指名されたのは、2014年は横浜市、2015年新潟市、2016年奈良市、2017年京都市、2018年金沢市が指名されていて、今回の豊島区は都市の規模から比較的小さな豊島区が選ばれている。
 東アジア文化都市とは<日本・中国・韓国の文化芸術による発展を目指す都市を選定して、その都市で、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施し、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指す。(一部略)>そうだ。
 2019年の中国の都市は「西安市」で人口およそ825万、かっては「長安」と言われ西周から秦、漢から隋、唐の都城と十数の王朝の都だった。韓国からは「仁川広域市」で 首都ソウルから40キロ圏に位置する港湾都市、仁川国際空港があるソウルのベッドタウンで、人口はおよそ289万人の大都市だ。
 豊島区(人口およそ29万人)の「東アジア文化都市2019」は“舞台芸術”“マンガ・アニメ”“祭事・芸能”の3つを柱として、池袋エリアを中心に区内各地で展開を予定。開幕式典は2019年2月1日に東京芸術劇場で閉幕式は2019年11月24日に公会堂跡施設のHareza池袋 芸術文化劇場で行う予定となっている。
■東アジア文化都市2019豊島 https://culturecity-toshima.com/
■西安市  http://www.xa.gov.cn/ptl/index.html
■仁川広域市(日本語)http://japanese.incheon.go.kr/index.do

2018年 9月 5日(水)

 区議会は9月19日から10月29日まで 請願・陳情は9月13日まで


議会映像インターネット配信
 豊島区議会の2018(平成30)年第3回定例会が9月19日から10月29日まで開催される。区民からの第3回定例会への請願・陳情は9月13日までに提出。第3回定例会の案件は通常は前年の豊島区役所の一般会計や国民健康保健などの決算認定と補正予算についてなどについて行われる。
 初日の9月19日は本会議で高野豊島区長の「招集あいさつ」、26日と27日に区議の「一般質問」が行われる。誰がどのような質問をするかは事前に区議会HPで公表される。
 また区民からの議会への請願・陳情については、議会のHPに「請願・陳情の手続き」、例文も掲載している「提出のしかた」など詳しい説明ページがある。
 なお、本会議、決算特別委員会、予算特別委員会はインターネットでライブ中継が行われる。豊島区議会はライブ中継だけではなく、録画でも閲覧できる。それも後ほど本会議、決算特別委員会、予算特別委員会については日程・テーマ・議員名で検索可能だ。さらに総務、区民厚生、都市整備、子ども文教などの委員会の録画も閲覧でき、どのような議論がされたかを知ることができる。
■豊島区議会 https://www.city.toshima.lg.jp/kuse/gikai/index.html
■区議員名閲覧(録画) http://www.kensakusystem.jp/toshima-vod/giin.html
■会議録検索 http://www.kensakusystem.jp/toshima/index.html
■請願・陳情 https://www.city.toshima.lg.jp/367/kuse/gikai/004617.html

2018年 9月 4日(火)

 IBK JY13・M25・F09・Y09・SI01・TJ01 この記号? 池袋駅のナンバリング

 池袋駅は鉄道会社の路線によって駅名とともにナンバリングを導入している。池袋駅にはJR東日本、東京メトロ、西武鉄道、東武鉄道の駅があり、それぞれがナンバリングを導入している。
 JRは山手線「IBK JY13」、埼京線「IBK JA12」、湘南新宿ライン「IBK JS21」、東京メトロの3路線でもそれぞれ別名で丸ノ内線では「M25」、副都心線では「F09」、有楽町線では「Y09」、西武鉄道は西武池袋線で「SI01」、東武鉄道は東上線で「TJ01」となっている。それぞれ路線名の英文の最初の文字を使っているが、JR池袋駅では「IBK JY13」でJR YAMANOTE のJYに前にIBKの3文字がついている。この3文字は、主な乗換駅に3文字を加えている。東京駅はTYO、新宿はSJK、池袋駅はIBKなどとなっている。
 豊島区内のJR駅は<JY10 駒込> <JY11 巣鴨><JY12 大塚><JY14 目白>となっている。東京メトロ、西武池袋線、東武東上線、都営地下鉄、東京さくらトラム(都電荒川線)の各駅でもすべてにナンバーが付けられている。
■JR東日本 https://www.jreast.co.jp/press/2016/20160402.pdf
■東京メトロ https://www.tokyometro.jp/station/line_marunouchi/index.html
■西武池袋線 https://www.seiburailway.jp/railway/
■東武東上線 http://railway.tobu.co.jp/pdf/guide/tobuTJstation.pdf
■都営交通 https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/

2018年 9月 3日(月)

 芸劇が野田秀樹さんと「東京演劇道場」を開く

東京演劇道場
東京演劇道場
 東京芸術劇場が芸術監督野田秀樹さんと、次世代の俳優・舞台表現者を育てるために舞台役者が集う修行の場として「東京演劇道場」を開く。道場では芸劇で国内外第一級のアーティストたちの舞台創作の技と志に触れ、芝居人同士が互いに刺激を受け合う場を提供する。芸劇のHPには野田秀樹さんがこの道場を開くにあたっての自筆コメントが掲載されている。
 HPによると「道場」の日頃の活動は、野田秀樹さんや野田さんが招いた内外の講師によるワークショップで芝居の自由な交流の場にするという。参加費用は基本的に無料だ。
 道場への応募条件は 舞台で表現することに熱意があり、12月中旬に行われるオーディション/ワークショップに参加可能。そして年齢・性別・経験は問われない。の3点で応募締切は11月10日
■東京芸術劇場 http://www.geigeki.jp/performance/engekidojo/
 
 (C) 2004-2018 いけぶくろねっと  All rights reserved
とっぴい 豊島の選択