イベント ビデオ 52回ふくろまつり(2019) 縁  リンク
2019 秋祭りNew
2019 池袋演劇祭
いけぶくろねっとについて 池袋西口エスニックマップ
Web www.ikebukuro-net.jp
いけぶくろねっと
書店アニメ
CDshop楽器屋
映画館劇場
ライブハウス
学びリンク
スポーツ用品
 ボーリング場
美術館・博物館
図書館
学校リンク集
大学
NPO・ボランティア
交通機関
天気予報
豊島区選挙データ
豊島区議
豊島区の外国人
デパート・大型店
豊島の名品・名産
ホテル・旅館
貸し会議室
100円shop金券shop cat-cafe
PCSHOP
 囲碁・将棋
新聞都内版
池袋関連書籍
みらい館大明
 pc-講座
池袋ブログ
E-mail

いまできること 災害支援

2018年7月豪雨緊急災害支援募金
Google クライシスレスポンス 原発事故の食品への影響

2019年 11月 19日(火)

 区議会・都議会でどんな議論をしているのか?第4回定例会が始まる。

  豊島区議会は11月19日から12月9日都議会は12月3日から18日までの予定で開催される。
 豊島区議会は19日に区長の所信表明、26・27日に本会議で一般質問が行われる。豊島区役所が提出する案件は、条例は公園条例、マンション管理推進条例など6件の改正と補正予算2件、その他では目白庭園、区立体育施設の指定管理者の指定など8件、計16件。
 一般質問は26・27日とも7議員が質問する。質問者は26日は松下創一郎さん、辻薫さん、里中郁男さん、渡辺くみ子さん、さくま一生さん、わがい哲代さん、小林弘明さん、27日は塚田ひさこさん、くつざわ亮治さん、入江あゆみさん、石橋正史さん、中沢まさゆきさん、清水みちこさん、ふるぼう知生さん。それぞれの議員さんの質問項目は、議会のホームページで公表されている。
 豊島区議会は定数36名(うち女性15人)なので、今回およそ4割(38%)の議員さんが本会議場で質問する。
 都議会は12月3日に知事の所信表明、10日に代表質問、11日に一般質問が行われる。都が提出する案件は・誰がどのような質問するのか?などはまだ公表されていない。ちなみに都議会の定数は127人だが現在は124人(うち女性36人)で、豊島区からの選出されているのは、本橋ひろたかさん、長橋桂一さん、米倉春奈さんの3人。
 区議会、都議会とも審議の様子はインターネットでライブと録画中継で観ることができ、そして議事録もインターネットで閲覧できるので、選んだ議員さんの活動を、そして関心ある事柄についてチックできるようになっている。
■豊島区議会 https://www.city.toshima.lg.jp/367/kuse/gikai/shitsumon/h28/1911180949.html
■豊島区提出案件 http://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/r0110/1911131222.html
■都議会 https://www.gikai.metro.tokyo.jp/schedule/plenary-session.html
        

2019年 11月 18日(月)

池袋で宝塚歌劇『ロックオペラ モーツァルト』20公演

 宝塚歌劇 星組が池袋で12月3日から12月15日にミュージカル『ロックオペラ モーツァルト』を上演する。フランス発の大ヒットミュージカルで、天才音楽家「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」のドラマティックな半生を、オリジナル楽曲のロックとモーツァルト作曲のクラシックをミックスして描き上げた新感覚の作品で世界各地で公演されている。池袋公演は13日間に20公演で、そのうち8公演は貸切となっている。
 この公演は、宝塚歌劇 星組の新トップコンビ礼真琴と舞空瞳のお披露目公演としていて、池袋公演に先立って11月20日から大阪「梅田芸術劇場」で11回公演する。
 池袋のホールは、『東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)』で豊島区役所・豊島公会堂跡などにオープンした「ハレザ池袋」の三棟施設の中央に位置するホール棟の三層1,300席の客席と間口9間(16.4m)の舞台があるホール。 なお、2019年12月14日は 全国各地の「TOHOシネマズ」などの映画館でライブ中継がある。東京では8か所の映画館。入場料4,400円(税込/全席指定)
■東京建物 Brillia HALL https://toshima-theatre.jp/event/000017/
■宝塚歌劇 https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/rockoperamozart/index.html
■ライブ中継 https://kageki.hankyu.co.jp/news/20191111_002.html
        

2019年 11月 15日(金)

西武池袋に大きな落書きか!? 
       STREET ART×CHRISTMAS 

 西武池袋の明治通りに面した壁面とショウウインドウにカラフルなペイントが塗られたいる。これは大胆な落書きか?と思ったが。実は西武池袋のクリスマスセールに関連した「STREET ART × CHRISTMAS」として明治通り沿いに4組のアーティストによる最大30メートル、合わせて54メートルのストリートアートだった。
 アーティストは、snipe1 (スナイプワン)、ZOSEN & Mina Hamada (ソーセン&ミナ ハマダ)、FATE(フェイト)、KOMESENNIN9 (コメセンニンナイン) の4組で11月5日から12月25日の予定で展示する。
■西武池袋 https://www.sogo-seibu.jp/christmas/
■snipe1  https://www.instagram.com/fukitalltokyo/
■ZOSEN & Mina Hamada http://animalbandido.com/tofulines/menu/menu13.htm
■KOMESENNIN9 https://www.facebook.com/KOMESENNIN9/

2019年 11月 14日(木)

 本を紹介する競争(ビブリオバトル) 池袋図書館で11月17日に

 ビブリオバトルという面白いと思った本を紹介するゲームが、池袋図書館で11月17日(日)午後2時から行われ、その観戦者を募集している。
 このゲームのルールは、参加者が読んで面白いと思った本を、順番に一人5分間で本を紹介し、それぞれの発表のあとに参加者全員で発表者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。最後には、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。
 この日のゲームの参加者(バトラー)はすでに10月に公募で8名が決まっているので、当日は観戦するのみとなっている。
 このゲームは2007年に京都大学の研究室で始まり、その後各大学や図書館などで開催されている。ビブリオバトルの公式ウエブサイトによると、公立図書館296館、265大学で開催されている。
■池袋図書館 https://www.city.toshima.lg.jp/141/1812141819.html
■豊島区立図書館 https://www.library.toshima.tokyo.jp
■ビブリオバトル http://www.bibliobattle.jp/

2019年 11月 13日(水)

学習院大資料館で「武具ゾクゾク!」展 12月7日まで

学習院大資料館「武具ゾクゾク!」展
  目白の学習院の構内にある学習院大学資料館で「武具ゾクゾク!」展が12月7日までの予定で開催している。展示は、主に常陸国下館藩家老・牧家に伝来した鎧、軍配、陣笠、火縄銃など武具、そして武具が、歴史資料に記録され描かれている資料。こうした日本の武具展示に加えて、旧制学習院が収集した資料からアジアの武器や欧米の銃も紹介される。
 日本の武具は、攻撃に使う刀剣・弓矢・鉄砲などと、守るための甲冑・盾などと陣羽織など装束や、鞍・鐙などの馬具などがある、江戸時代になると各大名の歴史や格式を表す〝表道具〟として重要視されていた。◇常陸国下館藩(現在の茨城県筑西市、かつての下館市)
 入場無料 開館日は月曜から土曜(10時から17時)
■学習院大学資料館 https://www.gakushuin.ac.jp/univ/ua/exhibition/
■資料館twitter https://twitter.com/g_shiryokan

2019年 11月 12日(火)

 池袋西口公園でコバケン指揮でオーケストラ 12月18日(18時半から)(11月を12月に訂正)


池袋西口公園夜景
  改修工事中の「池袋西口公園」の野外劇場で12月18日18時半から、コバケン(小林研一郎)さんなどが指揮するオーケストラの演奏会がある。演奏するのは豊島区管弦楽団などで「アイーダ」凱旋行進曲ほか。豊島区管弦楽団は1975年の設立で44年を迎える豊島区が支援しているアマチュアの楽団。コンサートは、無料で入場自由。
 このコンサートは、豊島区が毎週1回 夜間に開催を予定している本格的なクラシック音楽のコンサートの第1回の演奏会。
 池袋西口公園の改築オープンは11月16日からで、セレモニーが午後1時から行わる。オープニングに東京消防庁音楽隊(合唱団、児童などによる「としま未来へ」の合唱)、警視庁音楽隊、陸上自衛隊第一音楽隊による演奏が行われる。
■池袋西口公園 https://iwgp-management.com/
■小林研一郎 http://toshima-orch.music.coocan.jp/
■豊島区管弦楽団 http://toshima-orch.music.coocan.jp/ 11月18日を12月18日に訂正

2019年 11月 11日(月)

 豊島区民駅伝 皇居周回コースで 12月22日
 チーム募集

  第67回豊島区民駅伝大会が12月22日に、皇居、桜田門(出発・中継・決勝点)周回コースで開催される。参加チームの募集が11月18日から11月2日まで行われる。参加資格は、区内在住・在勤・在学者だけではなく都内隣接区愛好家も参加できる。
 コースは一般男子、大学・高校男子、壮年、混成のコースは、1区から4区(各5キロ)で計20キロコース。昨年は一般男子は9チーム、大学・高校男子12チーム、壮年8チーム 混成6チームが走った。
 一般女子と中学男子・中学女子は 1区・3区2キロ、2区・4区3キロでで計10キロコース。昨年は一般女子1チーム、中学男子は32チーム、中学女子18チームが参加した。昨年の最高記録は20キロで大学・高校男子の「淑徳巣鴨高」が1位で記録は1:08:42。10キロで中学男子「開四ウエスタA」が記録34:52だった。
 詳細や申し込みは下記の豊島区陸上競技HPで。参加費は1チーム 一般・大学高校・壮年・混成は 4,000円 中学生は3,000円
■豊島陸上競技 https://www-cc.gakushuin.ac.jp/~19920096/toshima/

2019年 11月 8日(金)

 柳亭こみち(女性落語家)がトリ 池袋演芸場11月中席昼の部  夜の部は林家彦いち


池袋演芸場番組
 池袋演芸場11月中席(11日~20日)昼の部のトリは柳亭こみちさん、夜の部のトリは林家彦いちさん。昼の部(12時半から4時半)には柳亭燕路さん、五街道雲助さん、柳家小さんなど、夜の部(5時から8時半)は柳家はん治さん、古今亭志ん輔さん、春風亭一朝さんなどが高座に上がる。、
 昼の部のトリ(主任)の柳家こみちさんは、2017(平成29)年に真打昇進したばかりの女性落語家で、落語界の初の二児(6歳と3歳)の母の真打だそうだ。
 現在、東京、関西に50人ほどの女性落語家がいて、真打は落語協会(会長柳亭市馬)で歌る多、菊千代、林家きく姫、川柳つくし、林家ぼたん、柳亭こみち、古今亭駒子の7名と落語芸術協会(会長春風亭昇太)の桂右團治、橘ノ杏奈、春風亭鹿の子、三遊亭藍馬の4名で両協会合わせて11名。(出典ウィキペディア)
■柳家こみち http://komichinomichi.net/
■林家彦いち https://www.hikoichi.com/
■池袋演芸場 http://www.ike-en.com/index2.html

2019年 11月 7日(木)

 演劇のコンペ5大陸から参加 多様な物差を 東京芸術祭最優秀賞は戴陳連

 東京芸術祭ワールドコンペティション2019の授賞式が11月4日に東京芸術劇場で行われた。最優秀作品賞は、戴陳連 (ダイ・チェンリエン)さんの人形劇『紫気東来?ビッグ・ナッシング』(北京、中国)に、最優秀パフォーマー賞にはボノボ『汝、愛せよ』(サンティアゴ、チリ)に、最優秀スタッフ賞はボブ・スコットさん(シドニー・チェンバー・オペラ)『ハウリング・ガールズ』音響デザイン)、批評家賞は『汝、愛せよ』ボノボ、観客賞も『汝、愛せよ』ボノボが受賞した。
 このコンペは「アーティスト審査員」が、「最優秀作品賞」・「最優秀パフォーマー賞」・「最優秀スタッフ賞」を、そして日本語を話す専門家たち(「批評家審査員」)が「批評家審査員賞」を決定した。二つの審査会は、11月4日の10時から15時に芸劇の2会場で聴衆の前で公開で行われた。アーティスト審査員には、フランスの俳優でジュリエット・ビノシュさんを審査員長に、副審査員長には夏木マリさん、そしてアジア、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカからそれぞれ1名が選任された。
 このコンペの主テーマである<どのような物差>で審査するかは、東京芸術祭総合ディレクターの宮城聰さんが「ステージ ナタリー」のインタビューで、公開の審査会を通じて「演劇を測る物差しを増やすことで、他者の価値観を知り、それを面白いと思ったり、敬意を払ったりするきっかけを発信したいと思います」と述ている。(ステージ ナタリー2019/10/30記事より)。
■東京芸術祭ワールドコンペティション https://tokyo-festival.jp/2019/world-competition/
■受賞作 https://tokyo-festival.jp/2019/news/2325/?fbclid=IwAR2c0K0vwUb
■ステージ ナタリー2019/10/30 https://natalie.mu/stage/news/353438

2019年 11月 6日(水)

 79の島の情報 仕事・生活・物産・文化 アイランダー2019

 サンシャインシティで79の離島が出展する「アイランダー2019」が11月23日(土・祝)~11月24日(日)に開催される。離島のことを知りたい人には島の情報を、特産品を求めたい人には島からの直送で特産品の販売。島への移住などを考えている人には、島の住宅情報や求人情報、離島留学、移住支援などを役場やUIターン経験者などの『島活相談員』が相談に応じる。
 求人情報では農業・漁業、医療・福祉・保育などの募集がある。東京都の島は伊豆大島から小笠原諸島など9島がブース出展している。新島・式根島、御蔵島、小笠原諸島、利島、三宅島では求人、神津島では神津高校の島留学が紹介されている。
 ▲参考 日本に島がいくつあるのか。2015(平成27)年の国勢調査による日本の有人島数は416島(※内水面離島である沖島〈滋賀県〉を含む)、無人島6,432島となっている。
 入場無料で23日は10:00~18:00、24日 10:00~17:00 主催 国土交通省/公益財団法人日本離島センター 
 なお、サンシャインシティの別会場で、11月22日から24日まで「ニッポン全国物産展2019」が開催される。全国47都道府県から350社以上が参加して3,000点以上のご当地グルメ・名産品・特産品・工芸品などの販売や、観光PRが行われる。
■アイランダー2019 http://www.i-lander.com/2019/index.html
■ニッポン全国物産展 https://www.all-nippon.jp/
        

2019年 11月 5日(火)

 池袋の街を走る 赤いバス 1日券で乗り放題 貸切も 定期運行は何日から?

 11月1日に中池袋公園で「イケバス」(IKEBUS)の発車式が行われた。公園には、赤バスと黄色のバスが並び発車式典が行われた。午後1時半ごろ高野豊島区長の発声で関係者などを載せた赤バスの一斉に街中に出て行った。発車式典が行われたが、まだ定期運行の何日からか開始されるかは未公表。
 会場で配布されたパンフレットには、赤バスのAとBの2ルートの運行地図と時刻表が掲載されている。Aルートは池袋駅東口からハレザ池袋、メトロ東池袋駅、サンシャインシティ、豊島区役所を周回する38分間で一日32便。Bルートは池袋駅西口、池袋大橋を通り池袋東口のハレザ池袋、サンシャインシティを周回する35分間で一日30便。
 運賃は1回券大人200円、子ども・高齢者・障害者 100円、そして1日券の大人は500円、子ども・高齢者・障害者は250円。運行会社のHPによると貸切料金は3時間利用で50,000円からで区民グループ割引(5,000円)もある。
 貸切利用の例として、<ナイトクルーズ 乗車時間60分から、グループによる宴会利用(飲食パーティー付き)やレストランへの送迎。>、<Hello! IKEBUKURO CRUISE 乗車時間は60分から、外国人旅行者向けガイドツアー。>などを紹介している。
■イケバス(IKEBUS)https://travel.willer.co.jp/ikebus/

2019年 11月 1日(金)

 明日からの連休は アニメフェスティバルと学園祭(立教・学習院・大正大)

池袋アニメタウン
フェスティバル
 11月2・3日は池袋東口の中池袋公園では「池袋アニメタウンフェスティバル」、そして池袋の西口では立教大学文化祭「St.Paul's Festival」2日~4日まで、目白では学習院大学学祭『桜凛祭』2日~4日まで、西巣鴨では大正大学「鴨台祭」2~3日、雑司が谷の東京音楽大学は本部が移転した中目黒・代官山キャンパスで「芸術祭」3~4日。
 池袋アニメタウンフェスティバルは、会場の「中池袋公園」に大型ディスプレイ付きのステージで、2日は10時から17時まで木根尚登さん、elfin’さん、土岐隼一さんなどのミニライブ、そしてアニメ映画コラボステージなども。別会場の新しい「としま区民センター」では「コスプレ制作体験親子ワークショップ」、池田理代子さんのトークショーなど。
 3日も11時から17時まで人気芸人におるアニメトーク、アニソン歌手のライブ、アニメ映画コラボステージなど盛りだくさん。アニメファンには見逃せない池袋での2日間のイベント!!
 さらに、会場まえにBrillia HALL1階にオープンするドワンゴのサテライトスタジオ「ハレスタ」とポニーキャニオンが運営するライブ劇場「ハレブタイ」“harevutai”でもイベントが行われる。
■池袋アニメタウンフェスティバル https://hareza-ikebukuro.com/event.html
■立教大学 St.Paul's Festival http://www.rikkyo.ne.jp/sgrp/spf/35thkanihp/
■学習院大学『桜凛祭』https://www.gakushuinfes.site/
■大正大学 「鴨台祭」http://ohdaisai.jp/2019/
■東京音楽大学「芸術祭」https://twitter.com/tcm_geisai/status/1189779599531470848
■ドワンゴ「ハレスタ」 https://haresuta.jp/
■ハレブタイ  https://harevutai.com/
 

2019年 10月31日(木)

 芸劇で「学生オケ ウイーク?」立大・学習院・明学 11月8日から

 東京芸術劇場で11月8日の立教大学、10日に学習院大、そして15日明治学院大学の学生オーケストラの演奏会が続く。
 立大交響楽団の演奏会は創部100周年記念「第110回定期演奏会」8日(金)で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番とショスタコーヴィチ/交響曲第5番などで、指揮は尾高忠明さん、ピアノは北村朋幹さん。同楽団は1920(大正9)年に発足、来年で100年目になる。
 11月10日(日)の学習院輔仁会音楽部 第63回定期演奏会は、H.ベルリオーズ の「幻想交響曲」、P.デュカスの「魔法使いの弟子」など、指揮はブザンソン指揮者コンクールで優勝した沖澤のどかさん。同楽団は1962(昭和37)年に第1回定期演奏会を開催している。
 明治学院大学の第94回定期演奏会は11月15日(金)でチャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」、ブラームス「交響曲第2番」など、指揮は汐澤安彦さん。同オーケストラは」の設立は1966(昭和41)年。
■立大交響楽団 https://rikkyo-orch.jimdo.com/
■学習院輔仁会音楽部 https://ghongakubu.at-ninja.jp/
■明治学院大学管弦楽団 http://www1.meijigakuin.ac.jp/~orchestr/

2019年 10月 30日(水)

 池袋演劇祭大賞は電動夏子安置システムの『ベンジャミンの教室』 

  9月に行われた「第31回池袋演劇祭」の各賞発表と表彰式が10月28日に南池袋の「あうるすぽっと」で行われた。今回の大賞は、電動夏子安置システムの『ベンジャミンの教室』副賞 30万円、優秀賞にはイマノカゲキ「みんなのお葬式」ラビット番長「カチナシ!」副賞 各15万円、そして豊島区長賞には東京ハイビーム「ホスピタル」副賞 15万円、舞台芸術振興会賞は外組「ひみずや」副賞10万円、その他の6つの賞、個人に与えられる舞台芸術学院奨励賞。奨励賞には、埋れ木「瓶に詰めるから果実」に出演した二宮咲さんに贈られた。
 大賞受賞劇団には次年度の演劇祭の招待公演として「あうるすぽっと」での公演が無償提供される。
 この演劇祭の大きな特色として各賞の審査は「公募の審査員」100人の投票によって選ばれること。今回の審査員の公募には200名ほどの応募があり年齢などで選ばれた100人で行われている。池袋演劇祭の16回から記録>>●
■池袋演劇祭 https://ikebukuroengekisai.jp/
■池袋演劇祭 facebook https://www.facebook.com/IKEBUKUROENGEKISAI/
■池袋演劇祭 ツイート https://twitter.com/

2019年 10月 29日(火)

 今年の「酉の市」二の酉まで、一の酉が11月8日 二の酉は20日

  雑司が谷の「大鳥神社」の境内に、「酉の市」には福をつかみ取ると言う熊手「縁起熊手」や「食べ物」を売る露店のテントがならぶ。
「酉の日」は、毎日の日付に十二支を割り当てていく日付け法で、「酉」に当たる日を「酉の日」と呼ぶ。酉の日は12日おきに巡ってくる。11月は30日なので、日の巡りにより11月の酉の日が2回になる年と、3回になる年がある。
 最初の酉の日を「一の酉」、次を「二の酉」、最後を「三の酉」と呼ぶ。「三の酉」がある年は火事が多いと言われているが、東京消防庁の消防雑学辞典には、「三の酉」についてや、なぜ11月に酉の市かなど興味深い解説がある。
酉の市で有名なのは浅草の鷲神社、新宿の花園神社、府中の大國魂神社だが、隣の練馬の大鳥神社も人気がある。
■雑司が谷大鳥神社 https://www.facebook.com/ootorijinja
■練馬大鳥神社 http://torinoichi.info/
■浅草鷲神社 http://www.otorisama.or.jp/kotoshi.html
■新宿花園神社 http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/page/a3.html
■消防雑学辞典 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/libr/qa/qa_35.htm

2019年 10月 28日(月)

 講談社が池袋に「LIVEエンターテインメントビル」 2020年春に


旧シネマサンシャイン ビル
 サンシャイン60階通りの「シネマサンシャイン」が7月に移転して跡のビルがどうなるか注目されていた。建替えされるか、テナントで飲食店かと。
 そのビルを出版社「講談社」が地下2階から9階(1階から3階を除く)にライブスペースやシアターなど4つのホール物販やカフェなどの「LIVEエンターテインメントビル」として2020年春に開設すると10月24日に発表した。1階から3階は現在のゲームセンターが存続するのかは不明。
 講談社は単独ではなくパートナー企業と連携して 講談社の漫画・小説・アニメ・ゲームなど関連してLIVEを4つのホールで、さらにアーティスト、役者、声優、ユーチューバーなど新たな才能をここから発信するという。それも日本全国だけでなく、世界にも発信する拠点とするという。提携するパートナー企業や具体的なことは未定。詳細は下記のHPで随時公表する。
■講談社 https://www.kodansha.co.jp/news.html#news55546
■LIVEエンターテインメントビル https://mixalive.jp/

2019年 10月 25日(金)

 芸劇まえの野外劇場で『吾輩は猫である』を立見 29日まで 

 東京芸術劇場前の仮設・野外劇場で夕方から芝居をやっている。芝居は夏目漱石の「吾輩は猫である」をベースに演出家ノゾエ征爾さんが脚本と演出を手掛けている。それも主人役を10人で、迷亭役を6人、妻役を12人とそれぞれ複数で演じ総勢74名が出演する迫力ある群集劇。会場は有料(500円)の椅子席、その周りに無料の立見席、芸劇前を通る人でもちょっと立見ができる。
 今日は雨のため中止だが29日まで毎夜5時半から芝居をやっている。入場料は500円で下記のHPから予約のみで(公演日当日受付精算(現金のみ))、なお立見席は予約なしで無料で観劇できる。
 演じる役者さんは2019年1・2月に500名ほどが応募したオーディションで選ばれた74人、会場で配布されているパンフレットに、役者さんの全員の役名と顔写真が掲載されている。また運営をサポートするのはボランティア20名
 屋外公演のため少雨決行・荒天中止となっている。
■野外劇「吾輩は猫である」https://tokyo-festival.jp/2019/wagahaihanekodearu/
■東京芸術祭2019 https://tokyo-festival.jp/2019/

2019年 10月 24日(木)

 11月から池袋の街を赤いバス(IKE BUS)が走る


豊島区2019予算
 ときどき池袋の街を「小さな赤いバス」が走っているのを見かける。この赤いバスは11月から本格的に池袋の街を走るイケバス「IKE BUS」の試運転だ。
 「イケバス」は、池袋で高齢者など交通弱者へのサービスとして、環境に優しい交通機関として、そして池袋の「まちの魅力を高める」装置として豊島区が導入する。
 イケバス「IKE BUS」の運行経路は2系統が予定されていて、一つは東西ルートで、池袋西口公園・駅前と東口に回ってサンシャインシティ、ハレザ池袋を運行する、東口ルートは駅前・サンシャインシティ、ハレザ池袋、南池袋公園を運行する。
 東西ルートは一日30便、東口は32便が予定されている。運賃は200円の予定でさらに3時間券、1日券、2日券も検討されている。
 使用するバスは、群馬県の電気バスメーカー「株式会社シンクトゥギャザー」が製造し、車両デザインは、JR九州の特急電車「ななつ星」をデザインした工業デザイナーの水戸岡鋭治さん。バスは定員22名(運転席1名、座席14名、立ち席7名)、最高時速20km/h。
 バスの運行はバス会社「高速バス会社WILLER(ウィラー)」が豊島区から受託して行う。
■イケバス https://ikebukuro.red/
■シンクトゥギャザーhttps://www.ttcom.jp/
■高速バス会社WILLER https://www.willerexpress.co.jp/

2019年 10月 23日(水)

 池袋ハロウィン・コスプレフェス2019 10月26・27日

 「池袋ハロウィン コスプレフェス2019」が10月26・27日に池袋東口エリアで開催される。このイベントは2014年にスタートし、2019年で6回目を迎える。
 26日10時45分からオープニングセレモニーで始まり、両日とも11時から17時まで、ハレザ池袋や中池袋公園、サンシャイン通り、サンシャイン横の東池袋中央公園などを中心に東池袋一帯がコスプレイヤーであふれる。26日の13時30分から14時30分にはコスプレウォ-クがサンシャン通りで行われる。中池袋公園では26日15時から『Cosplayer Of The Year 最終審査』が行われる。26日にハレザ池袋で『コスプレギャザリング』イベントで「鬼に関するキャラ」、「けものフレンズ」などのテーマのコスプレイヤーが時間別に集まる。
 チケットは、「コスプレ登録チケット一日券」前売2,000円、当日2,300円で更衣室・荷物置き場の利用。撮影エリアで撮影できる。「カメラマン登録チケット」前売2,000円、当日2,300円。
■池袋ハロウィンコスプレフェス2019 http://ikebukurocosplay.jp/

2019年 10月 21日(月)

 池袋でムスリムが食べられる料理店・食材店 立教の学生がMAP作成

池袋駅周辺 HALAL MAP
 池袋の立教の学生たちのグループが「池袋駅周辺 HALAL MAP」を作成し、留学中の学生や立教に留学予定のムスリム学生などに配布している。HALAL〈ハラル(ハラール)〉とはイスラム教徒がイスラム法上食べることを許されている食材や料理を指す。
 このMAPは立教大学異文化コミュニケーション学部の留学生のグループ(主なメンバーはシンガポール、インドネシア、台湾からの留学生)が、これから立教大学に入学するムスリムの後輩学生のために作成した。
 紹介しているのは老舗の西口のマレーシア料理の「マレーチャン」など料理店7店、食材店2店で、カラーで地図付きのチラシ。下記のHPで閲覧、ダウンロードできる。
 ハラル食品であるかどうかを認証する団体は、日本フードバリアフリー協会のハラル事業部によると主な認証団体が9団体ある、それぞれの団体が認証する国がことなる。例えば、宗教法人日本ムスリム協会の認証が対応できるのはインドネシア、マレーシア、シンガポールの3か国、日本ハラール協会はマレーシア、シンガポールの2か国など。
 ちなみにイスラム圏からの観光客は2018年にインドネシア396,852人、マレーシア468,360人、シンガポール437,280人(日本政府観光局)。
■立教大学異文化コミュニケーション学部 https://www.rikkyo.ac.jp/news/2019/10/mknpps0000010cyj.html
■日本フードバリアフリー協会ハラル事業部 http://www.halal.or.jp/halal/halal6.html
■日本政府観光局 https://www.jnto.go.jp/jpn/index.html

2019年 10月 18日(金)

 秋のバラ シーズン 都電沿線・旧古河庭園 

 秋のバラのシーズン到来、豊島区内でバラの名所は都電大塚駅と向原駅の沿線で、「第16回大塚バラまつり」が10月27日まで開催されている。沿線には「790種 1,190株」のバラが咲き誇る。このバラを日ごろ世話をしているのは地元の南大塚都電沿線協議会の人たちで、春と秋に「バラ祭り」をかいさいしていて今回で16回目となっている。
区外だが荒川区内の都電の沿線でも 荒川車庫など約4キロメートルの区間に、約140種13,000株のバラを植栽されている。
 また、JR駒込駅近くの都立「旧古河庭園」では、秋バラの見頃に合わせて「秋のバラフェスティバル」を10月27日まで開催している。26日と27日には芝生広場で弦楽四重奏とサックス四重奏の演奏会なども行われる。旧古川庭園入園料150円 65歳以上70円。
■豊島区観光協会 https://www.kanko-toshima.jp/?p=we-page-event-entry&event=287602&cat=18037&type=event
■南大塚都電沿線協議会 http://www.toden-rose.com/wp/
■旧古河庭園 https://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/info034.html
■荒川区 https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kankyo/koen/hana/barakaorumati.html

2019年 10月 17日(木)

 韓国と日本の関係の発展を 国際セミナー 立教大で10月25日

  韓国と日本の関係が難しい状況の中、立教大学で「韓日の葛藤を越えて〜第5回SETOフォーラム 国際セミナー〜」が10月25日に開催される。
 基調講演は韓国の元駐日大使のシン・ガクスさん、そして[第1セッション]は<日韓経済協力の紐>をテーマに、早大・慶大・立大、SETOの研究者による討議、そして[第2セッション]は<日韓外交安保:地政学的連帯>テーマに慶大、ソウル大 、立大の研究者、そして朝日・毎日の記者の討議が行われる。
 プログラムは13時45分から登録、セミナーは14時から18時15分まで、事前申し込み不要
 主催はSETOフォーラム(社団法人、韓国)と立教大学「平和・コミュニティ研究機構」。 ●SETOフォーラムとは「日韓両国の緊密な協力関係が東アジア平和と繁栄の根幹になるという認識のもとに新たな日韓関係のパラダイムを提示することができる日韓専門家フォーラムとして位置づけ国家発展に貢献」をミッションとする韓国の法人。
■立教大学 https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/10/mknpps000000zyl3.html
■SETOフォーラム http://www.setoforum.or.kr/index_jp.asp
■立大 平和・コミュニティ研究機構 https://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/ipcs/

2019年 10月 16日(水)

 芸劇前のひろばに野外劇場 演出ノゾエ征爾『吾輩は猫である』10月19日から10回 5時半から 入場料500円 無料で観劇できるスペースあり
野外劇の舞台
 池袋西口の東京芸術劇場の入り口の屋外に舞台と客席、照明塔が設置された。この仕掛けは10月19日から29日までの毎日(21日休み)夕刻の17時30分から野外劇『吾輩は猫である』公演がある。この芝居は夏目漱石の「吾輩は猫である」を下敷きにノゾエ征爾さんが大胆に換骨奪胎してもの。
 演じる役者さんは2019年1月から2月に出演者オーディションで選ばれた80名。また運営をサポートするボランティア20名も募集しての公演となっている。屋外公演のため少雨決行・荒天中止となっている。この公演は9月21日から11月23日の日程で開催されている「東京芸術祭2019」参加事業
 入場料は500円で下記のHPから予約のみで(公演日当日受付精算(現金のみ))なお※無料で観劇できるスペースもあり。
■野外劇「吾輩は猫である」https://tokyo-festival.jp/2019/wagahaihanekodearu/
■出演者オーディション https://tokyo-festival.jp/2018/news/2161/
■東京芸術祭2019 https://tokyo-festival.jp/2019/

2019年 10月 15日(火)

雑司が谷・南池袋の最大の祭り「お会式」16日から18日

  雑司が谷・南池袋の最大のイベント『雑司が谷鬼子母神の「お会式」』がいよいよ明日16日から18日に行われる。お会式は元々は「日蓮上人」にまつわる仏教行事で、鬼子母神では曜日に関係なく16日から18日に行われる祭事。この仏教行事が雑司が谷地域のお祭りとして地域の人たちに親しまれている。クリスマスが宗教行事であるとともに一般のお祭りイベントになったように。
 この祭りの最大の特徴は「万灯練供養(まんどうねりくよう)」で紙で作った造花で飾った灯明で輝く高さ3~4メートの万灯を掲げて、その後を数十人が「うちわ太鼓」を叩きながら練り歩く。
 16日はそれぞれのグループ(講)の地元で、17日はお穴の鬼子母神発から不忍通り、目白通りを経て参道に、18日は池袋西武前から明治通りを経て参道を練り歩く。17日の練供養には地元の講(千登世若睦、目白睦商工睦・・・)の20講、最終日の18日は19時から23の地元講と遠方講社が10講社ほど合流して練り歩く。
■鬼子母神 http://www.kishimojin.jp
■御会式連合会 http://www.rengokai.net/top.cgi
        

2019年 10月 11日(金)

 豊島区の洪水ハザードマップ、気象情報


豊島区ハザードマップ
  台風が関東地方に近づき、テレビなどで多量の情報が提供されている。しかしより細かな情報は地域の自治体でもホームページで提供している。豊島区の災害情報は、区役所のホームページのTOPに「防災・緊急重要な情報」の赤いバーナが設置されていて災害情報のページで緊急情報が提供される。
 台風などの気象情報についても「豊島区気象情報」のページがあり関連情報が掲載されている。このページは気象協会の提供でアメダス、雨量、水位情報、地震情報、気象衛星写真などが掲載されている。大雨に関連しては、豊島区は「洪水ハザードマップ」を作成している。そこで想定している大雨は平成12年の東海豪雨によるもの。洪水が予想されているは流域は2ヶ所で、新宿区との区境の神田川と、旧谷端川の流域(山手通り沿い)。神田川周辺は、平成12年頃に地中に大規模な貯水施設が完成するまでたびたびの洪水に、旧谷端川の流域は現在は暗渠で上部は緑道公園となっている。
 東京都では「東京都防災ホームページ」で避難情報、防災マップ、台風などへの東京都の対応方針などを公表している。
 豊島区に隣接している板橋区や北区には荒川の流域にあり、大雨での影響が心配だ。荒川の水位の状態は、国土交通省が設置している「水位・雨量・ライブ映像」で観察できる。
■豊島区ハザードマップ https://www.city.toshima.lg.jp/042/bosai/taisaku/hazard-map/010305.html
■豊島区気象情報 http://www.micosfit.jp/toshimaku/
■都 水防災総合情報システム http://www.kasen-suibo.metro.tokyo.jp/im/uryosuii/tsim0102g.html
■荒川 水位・雨量・ライブ映像 http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage00079.html
●ハザードマップ
■板橋区 http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/009/009967.html
■新宿区 https://www.city.shinjuku.lg.jp/anzen/file03_00016.html
■練馬区  http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/bosai/suigai/index.html
■文京区 http://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/bosai/bousai/Panfu.html
■北区  https://www.city.kita.tokyo.jp/d-douro/bosai-bohan/bosai/suigai.html

2019年 10月 10日(木)

 10月から東京の最低賃金が1,013円に、沖縄・青森など790円 コンビニは同じ値段


日本全国の最低賃金表 
クリックで拡大
  10月1日からの東京都内で働く人は、これまでの1時間当たり賃金が28円賃上げされて1,013円となった。最低賃金を決めるのは、中央政府の最低賃金審議会で賃金の実態調査結果など各種統計資料をもとに各地の引上げ額を提示し、その額をもとに各都道府県の地方最低賃金審議会で決定されている。
 東京都では1,013円、南の沖縄県、東北の青森では790円と223円の差がある。そして東京都のとなり埼玉県は926円、千葉県は923円、関東で一番低額なのは群馬県の835円で、東京都と178円の差がある。全国の2019年の最低賃金の加重平均は901円となっている。(平均と加重平均は異なる)
 東京都で最低賃金のこれまでの経過は、1975(昭和50)年の258円、1985(昭和60)年477円、1995(平成7)年650円、2005(平成17)年714円、2015(平成27)年907円、2019(令和元)年1013円となっていて1975年から3.9倍となっている。
■厚生労働省 https://pc.saiteichingin.info/
■都の最賃経過 https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/jirei_toukei/chingin_kanairoudou/toukei.html
■加重平均 https://toukeigaku-jouhou.info/2015/08/23/weighted-average/

2019年 10月 9日(水)

 池袋でスケードボードのイベント 10月19日


参考 バルセロナ スポーツ公園(スケートボード、自転車、インラインなど)
 10月19日の10時から15時の予定で「池袋でスケートボードをたのしもう!!」イベントが開催される。会場はサンシャインシティの横の東池袋公園。無料体験スクール、プロスケータによるデモンストレーションフリーセッション(スケートボード持参で自己責任で滑れる人のみ)の3部構成。無料体験は4回で各20名で下記のネットで事前申し込み制。今回のイベントは第2回で、第1回も5月26日に同じ会場で開催されている。
 主催するのは池袋スケートボード推進員会、豊島区が後援している。豊島区が後援する背景として、主催する池袋スケートボード推進員会が 2014(平成27)年の豊島区議会第1回定例会に「豊島区スケートボードの公共施設建設希望の請願」を提出し、全会派の賛成で採択されている。議会でどのような検討が行われたかは、議会会議録の検索で閲覧できる。
 そして同委員会のfacebookによると今年の7月に、区長室を訪問して高野区長に第1回イベントの報告しスケートボード場の建設を要望している。
■池袋スケートボード推進委員会 https://www.facebook.com/toshimask8/ 
■区議会2017年請願可決 http://www.city.toshima.lg.jp/367/kuse/gikai/kekka/h27/documents/honkaigisaiketsuhyou_27-1.pdf
■区議会会議録 検索 http://www.kensakusystem.jp/toshima/

2019年 10月 8日(火)

 平日の昼前にチョット音楽会に ピアノトリオ バイオリン 芸劇で10月23日と29日

 東京芸術劇場で10月下旬に平日昼前のコンサートが2つある。一つは10月23日 (水)11:00から、ピアニストの清水和音さん制作の「芸劇ブランチコンサート 〜清水和音の名曲ラウンジ〜」第21回で、清水さんとN響コンマス伊藤亮太郎さん、日フィルのチェロ辻本玲さんの3人で「大公トリオ」(ベートーヴェン)演奏。名曲ラウンジは演奏時間は1時間ほどで、2016年から偶数月に開催している。次回12月11日でブラームスのピアノ五重奏曲など、入場料【全席指定】2,400円
 2つ目はバイオリンの前橋汀子さん制作の「秋のデイライト・コンサート Vol.7」で29日11時半からヴァイオリン、パイプオルガン(小林英之さん)と弦楽アンサンブルでJ.S.バッハ、クライスラーなどの名曲の演奏。入場料【全席指定】2,500円
■ブランチコンサート https://www.geigeki.jp/performance/concert164/c164-4/
■デイライト・コンサート https://www.geigeki.jp/performance/concert190/

2019年 10月 7日(月)

 海外から旅行者に「TOKYO STARTER KIT」3,000円

 地下鉄に駅に赤い「TOKYO STARATER KIT」ポスターが張られていた。何だろう?
東京を旅する海外からの旅行者に向けてのメトロ・都営の地下鉄、都営バスの乗車券と訪日外国人向け総合サポートサービス、そして訪日外国人向け海外旅行保険をセットにした「キット」。パスポートを持参して、大江戸線の上野御徒町駅や新宿西口駅など4か所で3,000円(大人料金のみ)で買うことができる。
 地下鉄の72時間チケット都営バス1日券、ケガや病気の治療費用などを補償(500万円まで)、医療機関で英語・中国語・韓国語の3か国語に対応した電話通訳で受診ができる。ただし保険対象期間は、加入日の翌日0時から日本出国時まで(最大3日間)。
 通常の地下鉄72時間チケットは1,500円と都営バスの1日券は500円なので1,000円が保険代などとなっている。旅行者にはJR料金が含まれているとより便利なのだが。
■都営交通https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/subway/2019/sub_p_201907058642_h.html
■App Store https://apps.apple.com/jp/app/tokyo-starter-kit/id1467871804
■google Play  https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.tokiomarine_nichido.tskapp&hl=ja

2019年 10月 4日(金)

芝居の評価の「尺度」を 東京芸術祭で世界から6劇団

 舞台芸術を評価する「尺度」を、生み出そうとする試みが行われる。<舞台芸術の「優劣」を決める?何によってか?世界の舞台芸術をもっと豊かになっていくためには、そしてアジアのアーチストが地球規模で活躍するためには何が必要か?>と「東京芸術祭ワールドコンペティション2019」が東京芸術劇場で10月29日から11月4日の日程で開催される。
 中国、北京から『戴陳連』(ダイ・チェンリエン)Dai Chenlian、オーストラリア、シドニー『シドニー・チェンバー・オペラ』Sydney Chamber Opera、スペインのバルセロナ『エル・コンデ・デ・トレフィエル』El Conde de Torrefiel、アフリカのブルキナファソのワガドゥグから『シャルル・ノムウェンデ・ティアンドルベオゴ』Charles Nomwendé Tiendrebéogo、アメリカ大陸からはチリのサンティアゴの『ボノボ』Bonobo 、そして大阪の『dracom』の6グループがコンペに参加する。
 審査委員長はフランスの俳優ジュリエット・ビノシュさん、副審査員長には俳優の夏木マリさん そしてアーティスト審査員は、韓国、ドイツ、南アフリカ、アメリカの演出家など、批評家審査員も世界各地からの出身者が就任している。
 3つの賞が設けられていて【アーティスト審査員賞】は審査員の公開討論で決定、【批評家審査員賞】は6人の日本語話者の公開討論で、【観客賞】は観客による投票で決められる。
■東京芸術祭ワールドコンペティション https://tokyo-festival.jp/2019/world-competition/

2019年 10月 3日(木)

 今月の池袋演芸場 真打昇進披露興行 小痴楽 わさび 小志ん ぎん志 権之助

 今月の池袋演芸場は、真打昇進披露興行が続く。中席(10月11日から20日)落語芸術協会の柳亭小痴楽さん、そして下席(21日から30日)落語協会の柳家わさびさん、五代目柳家小志んさん、古今亭ぎん志さん、柳家権之助さんの4師匠の襲名興行。
 中席の落語芸術協会の披露興行は夜の部(16:45から20:30)で仲入り前には桂米助さん、そして交互に春風亭昇太さんなど、真打昇進披露口上、あとは交互で桂伸三さん、神田松之丞さん、とりは昇進真打ち柳亭小痴楽さん。
 下席の落語協会の披露興行は昼の部(13:00から17:00)で 仲入り前は林家正蔵さん、鈴々舎馬風さん、15時に披露口上、柳家さん喬さん、柳亭市馬さん、そしてトリは、昇進した柳家わさびさん、五代目柳家小志んさん、古今亭ぎん志さん、柳家権之助さんが交互に高座に上がる。
■池袋演芸場 http://www.ike-en.com/index2.html
■落語芸術協会(会長春風亭昇太)https://www.geikyo.com/new/new_detail.php?id=518
■落語協会(会長柳亭市馬)http://rakugo-kyokai.jp/news/3036/

2019年 10月 2日(水)

 これからのエアコン・冷蔵庫・給湯器を買い換えに 都が援助

 10月1日からエアコン・冷蔵庫・給湯器を買い換える人に、「ゼロエミポイント」として商品券とLEDの1100円割引券(LED照明器具・ランプを購入時)を配布する。商品券はエアコンでは冷房能力によって1万1千円から1万8千円、冷蔵庫は容積で1万1千円から2万円、給湯器では一律9千円
 対象になるエアコンの条件は統一省エネラベル4つ星以上、冷蔵庫は統一省エネラベル5つ星の機器。給湯器についてはエコキュート、エコジョーズ、エコフィール、ハイブリッド給湯器にそれぞれ条件が設定されている。
 補助金の申請は10月1日から、本人確認証、領収書、保証書などのデータでインターネット(下記のサイト)から申請する。
 この補助金は東京都の「家庭のゼロエミッション行動推進事業」で、その効果は都の見積もりでは2019(31)年にCO2削減効果:年間5.8万トン、光熱費削減効果:年額 28.3億円、2020年には、CO2削減効果:年間14万トン、光熱費削減効果:年額 69.3億円になると予測している。都の2019年度の予算でははポイント原資分として37.4億円が計上されている。
■東京ゼロエミポイントスタート https://www.zero-emi-points.jp/
■ポイント申請 https://www.zero-emi-points.jp/entry-form/step1

2019年 10月 1日(火)

 新しい「としま区民センター」 中・小の2つのホールと15の会議室など 11月から

としま区民センター
 東池袋の「豊島区民センター」の建替と、隣接していた「生活産業プラザ」の改築で一体化し「としま区民センター」としていよいよ11月にオープンする。
 9月末には建物もほぼできつつあり、2階でとなりの「豊島区立芸術文化劇場」(東京建物 Brillia HALL)2階と結ぶカラフルな通路の姿が現れている。この2階の通路は2020年夏にオープンするシネコン「TOHO シネマズ 池袋」が入居する『ハレザタワー』、『豊島区立芸術文化劇場』、『としま区民センター』の3つの建物を結ぶ<ハレザ池袋>の一体化のシンボルだ。
 としま区民センターは、8・9階に480人と6階の160人の2つのホール、4階から7階までに大・中・小の15の会議室スタジオ3部屋、和室、キッチンルームとなっている。
 1階から3階までは、パブリックスペースとして女性にやさしい「トイレ&メイクルーム」、親子のオアシス「パパママ☆スポット」、カフェ、インフォメーションセンター、チケットセンターとなる。各部屋の貸し出しは11月から、2つのホールについては2020年の1月から。予約受付はすでに7月から行われている。
■としま区民センタ https://www.toshima-mirai.or.jp/center/a_kumin/
■ハレザタワー https://hareza-ikebukuro.com/office/
■東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場) https://toshima-theatre.jp/
 
 (C) 2004-2019 いけぶくろねっと  All rights reserved

池袋情報
   2019年11月

バックナンバー
2002年9月~
Ikebukuro Guide
 池袋関連本
とっぴい 豊島の選択