イベント ビデオ 49回ふくろまつり(2016) 縁  リンク
2016 秋祭り
2016 池袋演劇祭
いけぶくろねっとについて 池袋西口エスニックマップ
Web www.ikebukuro-net.jp
いけぶくろねっと
書店アニメ
CDshop楽器屋
映画館劇場
ライブハウス
学びリンク
スポーツ用品
 ボーリング場
美術館・博物館
図書館
学校リンク集
大学
NPO・ボランティア
交通機関
天気予報
豊島区選挙データ
豊島区議
豊島区の外国人
デパート・大型店
豊島の名品・名産
ホテル・旅館
貸し会議室
100円shop金券shop cat-cafe
PCSHOP
新聞都内版
池袋関連書籍
みらい館大明
池袋ブログ
E-mail

池袋情報
   2017年6月

バックナンバー
2002年9月~
Ikebukuro Guide
 池袋関連本

いまできること 熊本地震

yahoo 復興支援
Google Crisis Response 原発事故の食品への影響

2017年 6月 22日

アイドル&アニメ&コミック専門の 「TUTAYA」が池袋に

  東池袋ビックカメラアウトレットの前の建物が工事中だが、その工事の仮囲いにすごい「TUTAYA」がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!6月下旬という垂れ幕が掲げられた。
 すごい「TUTAYA」ってなに、TUTAYAのサイトをみてみた。サイトには「TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店」として池袋にアイドル&アニメ&コミック専門の「すごいTUTAYA」が登場とあった。
 コミックやBlu-ray・DVD・CDなどの販売や店内のライブスペースが設置されるようだ。すでに7月のイベントの予定として『まねきケチャ』、『きみがわたしだけのおうじさまだったら』のライブの予定が告知されている。
 池袋東口は、サンシャイン60の西側の通りのたアニメグッズや同人誌などを扱う店が多い「乙女ロード(おとめロード)」、そしてアニメイト池袋本店とアニメ関係の店鋪が多いいところに、また新たな「スポット」が出現する。
 池袋のアニメ街>>●
■すごい「TUTAYA」 http://tsutaya.tsite.jp/feature/store/ikebukuro/index
     

2017年 6月 21日

池袋東武にNHK子供番組のキャラクタースポット 7月13日にオープン

『にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう』
 NHKの子どもに人気の「いないいないばあっ!」や「おかあさんといっしょ」「みいつけた!」などの人気キャラクターと遊べる場所『にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう』と言うスペースが7月13日から東武百貨店池袋本店7階にオープンする。
「にこはぴきっず」は、キャラクターに親しみながら思いっきり遊べる場所で、遊びと学びが融合したキッズエデュテイメント施設だそうだ。
 『にこはぴきっず』の意味は、「にこっ」があふれ、子どもたちが「ハッピー」にということだそうだ。会場には「いないいないばあっ!」などの人気キャラクターたちをモチーフにした遊具や、「いないいないばあっ!」のワンワンや「みいつけた!」のオフロスキーと一緒の映像を楽しめる「にこはぴモニター」、そして「フォトスポット」などで、NHKのキャラクターのショップなども予定されている。会場の広さは約340㎡(103坪)、入場料 有料。
■東武百貨店池袋本店 http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/1050
■NHKエデュケーショナル https://www.sukusuku.com/contents/139506

2017年 6月 20日

 今日から区議会で一般質問始まる。

ザクロの花
ザクロの花
  豊島区議会の第2回定例会が6月14日から開会中。初日は高野豊島区長の「議会招集あいさつ」が行われ、6月20日と21日に本会議場で区議による一般質問が行われる。区長のあいさつは現時点では録画中継や文書で公表されていない。本日10時からの一般質問はインターネットでライブ中継される。質問者と質問項目は区議会のHPにすでに公表されている。
 20日の質問者は村上宇一(自民党豊島区議団)さん、西山陽介(公明党)さん、森とおる(日本共産党)さん、山口菊子(民主ネット)さんの4名。21日は河原弘明(都民ファーストの会としま)さん、ふるぼう知生(刷新の会)さん、小林弘明(無所属元気の会)さん、芳賀竜朗(自民党)さん、芳賀竜朗(自民党)さんの5名が質問に立つ。
 公表された質問項目は、タバコの分煙化、待機児童対策、コミュニティバス、池袋西口公園の改修、旧第十中学校跡地活用、大塚駅南口再整備事業、TOSHIMA Free Wi-Fi、選択的介護、生涯スポーツについてなどと区民の身近な課題についての質問項目となっている。
 会議は公開されているので傍聴できるが、忙しい人はインターネットでライブ中継・録画中継もされるのでチックできる。区議のHPリスト>>
■豊島区長の議会招集あいさつ https://www.city.toshima.lg.jp/kuse/034432/shoshu/h29/index.html
■一般質問レジメ https://www.city.toshima.lg.jp/367/kuse/gikai/shitsumon/h28/1706121732.html
■区議会ライブ・録画中継 http://www.kensakusystem.jp/toshima-vod/index.html

2017年 6月 19日

東京芸術劇場で「京劇」21日から  日中国交正常化45周年記念

京劇の「楊門女将2017」
 東京芸術劇場プレイハウスで京劇の「楊門女将2017」の公演が6月21日から29日まで公演する。近年、6月に京劇公演が行われていて、今回は天津京劇院。昨年は中国国家京劇団が「白蛇伝」、2015年は湖北省京劇院で「二人孫悟空贋争」だった。
 「楊門女将2017」は全二幕で約2時間で、あらすじは<武門の誉れ高き一族・楊家の女性達が、祝いの宴から一転、悲しみをこらえつつも戦いの装束を身にまとい、深い家族愛と国を守る強い心を失わず、勇壮に戦場へ出陣します。>
 今回は45年前の1972年9月に当時の田中角栄首相、大平外相が訪中して、毛沢東、周恩来と会談を続け、田中首相と周首相が「日中共同声明」に署名し中国との国交が正常化に向かった。その45周年を記念する公演でもある。全席指定 8,800円 日本語字幕あり
 京劇は中国の清朝(1636~1912)の前期の1790年代ころからの伝統的な古典演劇、現在も中国各地に京劇団が活動を続けている。
■京劇公演 http://www.rakugi.net/play201706/index.html
■京劇を楽しもう http://www.rakugi.net/tanoshimo.html
■日中国交正常化45周年記念イベント(外務省)http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page23_001885.html

2017年 6月 16日

 池袋に関西から肉丼専門店「肉劇場」が進出

肉丼専門店
「池袋肉劇場」
 東池袋のビックカメラアウトレット店の前に<肉丼専門店「池袋肉劇場」>と言う大きな看板を掲げた店舗が現れた。この場所には最近まではピザ専門店があったところ。店頭の掲示によると開店は19日午前11時から。
 肉丼専門店「肉劇場」という黄色の看板には驚いたが、この店は、大阪の道頓堀、難波、関大前、高槻、兵庫の尼崎にそれぞれ<肉丼専門店 道頓堀劇場>といいた店名で展開している大阪のの飮食店で、東京進出の第1号が「池袋肉劇場」だそうだ。
 HPによると メニューは豚ロース丼 690円、カルビ丼 790円、肉1キロ丼は2,500円などの9種の丼、タレも甘口、マヨだれなど10種類のうちから選べる。
■肉丼専門店「肉劇場」 http://nikudonsenmonten.com/index.html

2017年 6月 15日

18日は雑司が谷の「手創り市」と「みちくさ市」


手創り市 (記録2009)
 雑司が谷の「手創り市」は18日の9時から16時、会場は鬼子母神境内と大鳥神社の2ヶ所で開催される。鬼子母神境内には手作りのアクセサリーや手芸品、陶芸作品など145ビース、食品ブースが16ブース、そして大鳥神社では、手作り作品31ブース、食品ブース8ブース、移動販売2両が出展する。出展される作品は、手作りの作家が自ら出展・販売することが原則となっているので、作家とのコミュニケーションしながらのショッピングとなる。
 同じ18日に鬼子母神通りでは1日だけの古本街「みちくさ市」が開催される。この市は、都電鬼子母神前駅から目白通りに抜ける「鬼子母神通り商店睦会」と「わめぞ」とが組んで実施するイベント、で古書グループ「わめぞ」と一般参加の本のフリマ(35ブース)が出店する。
■手創り市 http://www.tezukuriichi.com/home.html
■鬼子母神通り「みちくさ市」 http://kmstreet.exblog.jp/
■わめぞ https://twitter.com/team_wamezo

2017年 6月 14日

 豊島区議会 やってます ただし都議選中はお休み?

  7月2日の都議会議員選挙で街なかはにぎやかになりそうだ。が都議会より身近な豊島区の政治を担う豊島区議会は第2回定例会が6月14日から始まっている。
 初日は本会議場で高野豊島区長の招集のあいさつが行われ、20日と21日に一般質問が行われる。現時点ではまだ公表されていないが、質問者と質問要旨が事前に区議会のホームページで公表される。その後の日程は、都議会選挙が終わったあとの7月4日から総務委員会や区民厚生委員会など委員会が開催される予定となっている。 今回の議会で審議されるのは公衆便所関連の条例など条例案件10件、29年度補正予算案件1件、報告1件、その他2件の計14件となっている。
 5月に新たに選出された議長・副議長さんの初仕事の議会。議長はこれまでは第1会派の自民党から選出されることがほとんどだったが、第2会派の公明党から木下広さんが選出された。これまで第2会派の公明党から議長が選出されたのは平成14年以来のことだ。
 現在の党派別議員数は自民党(9名)、公明党(8名)、日本共産党(6名)、民主ネット(5名)、都民ファーストの会(4名)、豊島刷新の会(1名)、豊島区無所属元気の会(1名)、社民党(1名)。定数36名、欠員1名(都議選に立候補するため辞職があった)   区議のHPリスト>>●
■豊島区議会 https://www.city.toshima.lg.jp/kuse/gikai/index.html
■豊島区提出案件 https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/h2906/1706081055.html
■区議会中継(ライブ・録画)http://www.kensakusystem.jp/toshima-vod/index.html

2017年 6月 13日

 いよいよ都議会選挙 豊島選挙区の小池票はどこに

 街なかに都議会議員選挙のポスター掲示板が設置されはじめた。6月23日(金)が公示日で投票日は7月2日。掲示板には9名の枠があるが、豊島区選挙区では定数3名のところ5名ほどが立候補するようだ。
 自民党は堀宏道(現職)さん、公明党は長橋けい一(現職)さん。日本共産党は米倉春奈(現職)さん、そして都民ファーストの会は本橋ひろたかさん(前豊島区議)さん、民進党の泉谷剛さん(前都議)が3議席を争うことになりそうだ。
 小池都知事の与党の公明党長橋さんと都民ファーストの会の本橋さんの街なかに張られているポスターには、小池都知事の写真を掲載し両者とも小池与党であることをアッピールしている。
都議会議員選挙データ(1997・2001・2005・2009・2013)>>●
■自民党東京都連 https://www.tokyo-jimin.jp/
■都議会公明党 https://tokyo.komei.in/index.php?action_TopIndexPC=true&page=1
■民進党都連 http://www.dp-tokyo.jp/senkyo/2017/05/23/3781
■日本共産党東京都連  http://www.jcp-tokyo.net/togisen-2017/
■都民ファーストの会 https://tomin1st.jp/

■堀宏道 http://hori-koudou.com/
■長橋けい一 http://www.komei.or.jp/km/tokyo-nagahashi-keiichi/
■米倉春奈  http://haruyone.com/
■泉谷剛 https://www.facebook.com/people/%E6%B3%89%E8%B0%B7%E5%89%9B/100010715255520
■本橋ひろたか https://www.facebook.com/people/%E6%9C%AC%E6%A9%8B%E5%BC%98%E9%9A%86/100000151892858

2017年 6月 12日

「はあとの木」マルシェ 6月16日から池袋マルイで

 池袋西口の「池袋マルイ」の1階で6月16・17・18日に「はあとの木マルシェin池袋マルイ~障害者とみんなをつなぐプロジェクト~」と言うイベントが開催される。マルシェで「はあとの木」というブランドでハンドメイドの雑貨やパンや焼き菓子など食品が販売とハンドメイド雑貨のワークショップと制作実演が行われる。実演は「さをり織り」、「竹製品の仕上げ」、ワークショップは「ひであきさんによる 似顔絵缶バッチづくり」、「簡単!革小銭入れを縫ってみよう!」が予定されている。
 「はあとの木」は豊島区の障害者施設が障害者の収入アップや社会参加の促進を目指し、さまざまな商品を手作りして販売している。通常は豊島区役所の4階(ふれあいカフェ前)に展示されていて、月に2回販売会を開催している。今回のイベントは池袋マルイ40周年記念として、期間限定での販売イベント。
 「はあとの木」に参加しているのは、「あとりえゆうかり」、「このはの家」、「共同作業所オーク」、「区立駒込生活実習所」、「区立駒込福祉作業所」、「麦の家」、「区立目白生活実習所」、「区立目白福祉作業所」、「カフェふれあい」。
■はあとの木マルシェin池袋マルイ https://www.city.toshima.lg.jp/172/shisetsu/1705021147.html
■はあとの木 http://www.city.toshima.lg.jp/172/kenko/shogai/032356.html

2017年 6月 9日

 立大 六大学野球 優勝祝賀パレード 6月12日

 立教大学の野球部が東京六大学野球で優勝した。その優勝を祝ってを6月12日午後6時半から8時過ぎまで、池袋駅前から立教大学のキャンパスまで祝賀パレードが行われる。しばらくぶりの優勝なので駅周辺には学生や卒業生たちが集まり混雑するかもしれない。
 立大の優勝は1999年(平成11)秋季リーグ戦から18年ぶり35シーズンぶりで、優勝は5月28日の早慶戦第2戦で慶大が1敗したことで決まった。2位の慶大とは勝点4店でならんだが僅かな勝率で優位に立ち13回目の優勝となった。
 これまで立大が優勝したのは、18年前の1999年秋季とその9年前の1990秋季と前年の1989秋季と数少ない。ちなみに各大学の優勝回数は、早大は45回、法大44回、明大39回、慶大34回で5番目で立大13回、東大は優勝経験なし。
■立教大学 http://www.rikkyo.ac.jp/news/2017/06/qo9edr000000nn82.html
■立教大学野球部 http://rikkio-bbc.com/
■東京六大学野球連盟 http://www.big6.gr.jp/index.php

2017年 6月 8日

真打昇進披露興行 池袋演芸場6月中席(11日から20日)

アジサイ 南池袋郵便局前
アジサイ 南池袋郵便局前
 池袋演芸場の6月中席の夜の部(午後4時45分から)は、昔昔亭桃之助・笑福亭和光真打昇進披露興行。真打に昇進した昔昔亭桃之助さん、笑福亭和光さんは落語芸術協会(会長桂歌丸)に所属している落語家。
 真打披露興行では新真打が交互に主任を務める。漫才のナイツ、三遊亭小遊三さんなども高座に上がる。新宿末廣亭の五月上席、浅草演芸ホールの五月中席に続いての興行で、池袋のあとお江戸日本橋亭、国立演芸場、お江戸上野広小路亭と続く。
 池袋演芸場は落語芸術協会と落語協会(会長柳亭市馬)が定席としている。すでに落語協会の真打披露興行は池袋演芸場の4月下席で行われている。落語協会の新真打は林家ひろ木さん、春風亭三朝さん、柳家小八さん、三遊亭ときんさん、鈴々舎馬るこさんの5名。
入場料2,800円、65才以上・学生2,500円、昼夜入替えなし
■池袋演芸場 http://www.ike-en.com/index2.html
■落語芸術協会 https://www.geikyo.com/schedule/jyoseki_detail.php?id=7841
■落語協会 http://rakugo-kyokai.jp/

2017年 6月 7日

 サンシャインシティで約410の日本酒のきき酒会

 サンシャインシティで日本酒フェア2017が6月17日(土)に開催される。平成28酒造年度の全国新酒鑑評会で入賞した約410点の日本酒の「公開きき酒会」と「第11回全国日本酒フェア」が同時開催される。
 きき酒会は入賞酒約410点を地域別に配置し、オリジナルお猪口でスポイト方式によるきき酒が行われる。会は2部制で【第1部】10:00~13:00(入場は12:00まで) / 【第2部】15:30~18:30(入場は18:00まで)となっている。
 となりの会場で行われる「全国日本酒フェア」では日本酒セミナーや日本酒及び日本酒ベースのリキュール等の試飲・販売及び各地域自慢の酒肴の試食・販売などや、会場全体で「日本酒で乾杯!」の発声を合図に一斉乾杯が午後1時と午後6時の2回行われる予定。
 入場料は前売券3,500円 / 当日券4,000円(公開きき酒会と全国日本酒フェアの共通券) (全国日本酒フェアのみ 当日券1,500円)
 全国新酒鑑評会には鹿児島県と沖縄県を除く各県から860点が出展されて、入賞は437点、金賞242点となっている。出展数では新潟県が70点、一番少ない宮崎県は2点。金賞を受賞したのは福島県の22点、宮城県20点 秋田県16点 山形県15点 新潟県14点 兵庫県13点と続き東京都、島根県、徳島県、宮崎県が1点で金賞を取れなかったには 神奈川県、鳥取県、長崎県、熊本県。鑑評会は酒類総合研究所と日本酒造組合中央会が毎年5月に開催している。
■日本酒フェア https://www.japansake.or.jp/sake/fair/index.html
■酒類総合研究所 http://www.nrib.go.jp/index.html

2017年 6月 6日

丸善書店が池袋に? それもジュンク堂のすぐ近くに

藤久ビル東5号館 南池袋2-5-1
 池袋のジュンク堂書店池袋本店の2軒となりで14階建てビルが建設中(南池袋2-5-1)で、6月中に完了する予定だ。工事の仮囲いにはテナント募集中の看板がでていて、どんな業種がはいるかと注目していたが、6月5日には「MARUZEN」の大きな看板が設置されているのを発見した。
 丸善書店がテナントとして入るのか?それもジュンク堂書店のすぐ近くに、同じ地域に2店舗をオープンするとは!!ビックリだ。
 丸善書店とジュンク堂書店は2015(平成27)年2月に合併して「株式会社 丸善ジュンク堂書店」となっている。書店か丸善の事務所か、書店でもどの程度の規模の書店か不明だ。もし大型書店となるならば、南池袋にはすでに西武池袋店にある三省堂池袋本店、そしてジュンク堂池袋本店があり、競争が激しくなるだろう。書籍が売れないと言われている時代にどうなのか?
 この3書店に加えて、池袋から撤退した「リブロ池袋本店」は閉店時には池袋に再び店舗を出すと言われていたが、もしリブロが出店すれとなれば、南池袋は大型書店が林立し、『本を探すなら池袋へ』とになる。
 かっての池袋の大型書店と言えば西口の「芳林堂」そして東口の「新栄堂書店」だった。現在は芳林堂は高田馬場駅前に、新栄堂はサンシャインシティに中規模の店舗を展開している。
●追記 6月7日  「新栄堂サンシャインシティ店」は5月28日に閉店し、その後に「くまざわ書店」が6月3日から開店して営業している。「くまざわ書店」は八王子に本社を置き全国に225店舗(2013年9月)を展開している書店。 
■丸善ジュンク堂 https://www.maruzenjunkudo.co.jp/
■丸善 https://www.maruzenjunkudo.co.jp/maruzen/top.html
■ジュンク堂池袋本店 https://honto.jp/store/detail_1570019_14HB320.html
■三省堂池袋本店 https://www.books-sanseido.co.jp/shop/ikebukuro_honten/

2017年 6月 5日

電球2個以上でLED電球1個と交換 7月10日から

 都民は白熱電球2個以上とLED電球1個を交換してくれる。東京都庁が<家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業>として7月10日から始める。交換場所は、都庁や役所ではなく、地域の電器屋さんで、個人に家電製品を販売し面積が500平方メートル以下の店舗で都が指定した講習を受講した店舗。店名は「クール・ネット東京」のホームページで公表される。
 都知事の記者会見(5月26日)によると、都が交換用に用意するのはLED電球100万個ほどだそうで。その全てが白熱電球(60ワット)と置き換えられた場合は、電気料金を年約23億4千万円、二酸化炭素排出量を年約4・4万トン減らせるという。
■クール・ネット東京 https://www.tokyo-co2down.jp/individual/ecoother/LED-family/index.html 

2017年 6月 2日

 ジュリー(沢田研二)の音楽劇 6月7日から芸劇で

  ジュリーといっても若い人には?かもしれないが、歌手で俳優でもある沢田研二さんのことだ。そのジュリーの50周年記念特別公演「音楽劇 大悪名」が東京芸術劇場プレイホールで6月7日から18日まで11回公演する。共演者は南野陽子さん いしのようこさん 土居裕子さんなど。作・演出はマキノノゾミさん(原作は今東光の「悪名」)、音楽はアコーディオンのcobaさんなど、振付は南流石さんが担当する。
 この芝居は5月6日から千住のシアター1010や大阪など各地で公演してきて芸劇公演がツアー最後の公演。S席12,000円 A席9,000円 B席6,000円
 沢田研二さんは1960年代後半のグループ・サウンズの代表的なバントの「ザ タイガース」のボーカル、その後ソロ歌手でとしてヒット曲を連発しテレビやラジオで人気者で熱狂的なファンがたくさんいたし、今も人気があるようだ。
■大悪名 http://www.co-colo.com/live/2017daiakumyou/daiakumyou.html

2017年 6月 1日

外国籍都民が約45万人 
     豊島区には約2万5千人が住んでいる 

 池袋の街中をあるいていると、中国語、韓国語、英語、東南アジアの言語など様々な言葉で話している声を聞くことが多くなった。池袋の街は様々な国の飲食店が多くなり多国籍の街になっているようだ。
 データでは豊島区には24,540人(2017年1月1日現在)の外国籍区民が在住している。東京都全体では外国籍都民は449,042人となっている。都全体では2016年から37,304人増加し、豊島区では2,520人増加している。さらに30年前との比較では、都全体で1987(昭和62)年には156,935人、豊島区では8,117人だったので、都全体では1987年の約2.9倍、豊島区では約3倍となっている。
 そして、東京を訪れた外国人旅行者は2016年に約1,310万人で2015年より10.2%増えていると言うデータもあり、池袋を訪れる観光客も増えている。さらに西武池袋線鉄、東武東上線などの沿線に在住している外国人も訪れているだろう。 豊島区外国籍住民>>●
■都外国籍人口 http://www.toukei.metro.tokyo.jp/gaikoku/2017/ga17010000.htm
■都外国人旅行者数 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/05/19/05.html
■豊島区外国人区民意識調査 http://www.city.toshima.lg.jp/001/kuse/shisaku/shisaku/hakusho/008287
■豊島区外国人旅行者行動特性調査 http://www.city.toshima.lg.jp/130/bunka/kanko/documents/gaikokujinryokousyatyousa_gaiyou.pdf
 
 2017年 5月 31日

公明党から議長、民主ネットから副議長 誕生!! 

  5月25日に豊島区議会の議長に新しく公明党の木下広さん、副議長に民主ネットの大谷洋子さんが選出された。このポストはこれまでは議長には第一党の自民党、副議長には第二党の公明党の議員が選出されていた。今年度は第一党は9名の自民党、第二党は八名に公明党なので、議長は自民党から、副議長は公明党からだと思われた。しかし第二党から議長、第四党から副議長が選出された、何があったのだろうか?
 現在の区議会構成は、第三党は6名の日本共産党 次は第四党で五名の民主ネット、同じく五名の自民党から別れた都民ファーストの会、そして各1名の豊島維新の会、豊島区無所属元気の会、社民党となっている。 区議HP>>● 
■新議長・副議長 https://www.city.toshima.lg.jp/366/kuse/gikai/000775.html
■区議会党派別 https://www.city.toshima.lg.jp/366/kuse/gikai/ginichiran/004377.html

2017年 5月 30日

 6月3・4日は池袋西口公園はフォークとカントリー

池袋フォーク&カントリーフェスティバル2017
 池袋駅西口近くの池袋西口公園ステージで「カントリーミュージック」と「フォークミュージック」の『池袋フォーク&カントリーフェスティバル2017』が開催される。
 6月3日(土)はカントリーの日でアマチアからプロまで、5時ころから「片山誠史・keiko walker」さん、「ドンアルマス」さんが友情出演する。10時から19時まで。
 4日(日)はフォークの日で、10時半開始で19時まで。9バンドが出演し、そのあといわさききょうこさんと庄野真代さんが友情出演し、最後になぎら健壱さんが出演する。両日とも片山誠史さんと谷川一美さんが司会する。
 演奏の傍らでは、地元商店街の模擬店コーナーの他、「物産と観光展」で岩手県一関市、宮城県、宮城県気仙沼市、山形県村山市、栃木県烏山市、栃木県那珂川町、川越市、東松山市、埼玉県秩父市、埼玉県飯能市、湯河原市、新潟県魚沼市などが出店する。
■池袋フォーク&カントリーフェスティバル https://www.facebook.com/FolkAndCountryFes/

2017年 5月 29日

 東京新10区の区割り地図  衆議院議員小選挙区

赤部分が東京新12区に
赤部分が東京新12区に
青部分が新宿区、中野区から新10区へ
青部分が新10区へ
  衆議院選挙の新しい小選挙区 区割り案が4月に公表され、衆院小選挙区の区割りを見直す公職選挙法改正案が閣議決定された。
 この選挙区の区割り案で、東京10区の区割りが大幅に変更される。現行の東京10区は豊島区全域と練馬区の1部となっている。今回の改正案では現行10区から豊島区の東部地域(第2~14投票区)が東京12区になり、新たに新宿区の落合地域の一部(上落合1丁目~3丁目、中落合1丁目、3丁目、4丁目、中井1丁目、2丁目及び西落合1丁目~4丁目)及び7区の中野区の北部地域(第18、21~28及び第30~40投票区)とが合わさって新10区となる。
 この変更を改定案の資料に添付されている地図の中から新東京10区を抜き出してみると新しい区画の複雑さが一目瞭然だ。新10区は豊島区、練馬区、中野区、新宿区のそれぞれに一部が含まれ、これまでは豊島区と練馬区の一部の代表だったが、新10区で議員さんのアイデンティティはどうなるのか!?。国会議員は地域代表ではないかもしれないが。
■衆議院選挙区画定審議会の勧告 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/singi/senkyoku/senkyoku_shingi.html

2017年 5月 26日

 都電沿線はバラでいっぱい 大塚 熊野前ー三ノ輪橋

第11回都電バラまつり
 都電荒川線の大塚駅と向原のあいだ、荒川車庫周辺、そして熊野前から三ノ輪橋の線路の脇のバラがいま最盛期を迎えている。大塚から向原には500種のばらが710株、荒川区内の沿線には約140種13,000株が植えられている。春のバラの見ごろは5月中旬から6月中旬ごろまでなので、これからも楽しめる。
 大塚駅周辺では5月28日まで「第11回都電バラまつり」が開催されていて、5月14日には天祖神社境内でバラ苗の即売会などが開催されるなど地元に根づいた活動だ。このバラの手入れはを行っているのは、区役所や東京都交通局ではなく、地元の「南大塚都電沿線協議会」というボランティアの団体。活動は毎月の第3日曜日午前9時から行っている。
 荒川区のバラも大塚のグループのように「荒川バラの会」のメンバーのボランティアでバラの世話をしている。
■南大塚都電沿線協議会 http://www.toden-rose.com/
■荒川バラの会 https://blogs.yahoo.co.jp/arakawa_baranokai

2017年 5月 25日

 民進党が公認を決め 候補者出揃う 都議選 豊島区

   7月2日に行われる都議会議員選挙、豊島区選挙区(定数3)では民進党の3次公認が決まり、主要政党の公認候補がようやく出揃った。2013年の選挙で当選した自民、公明、共産の議員さんに、新た都民ファーストの会の候補、そして前回落選した民進党前議員との5名の争いとなりそうだ。
 自民党は堀宏道(現職)さん、公明党は長橋けい一(現職)さん。日本共産党は米倉春奈(現職)さん、そして都民ファーストの会は本橋ひろたかさん(現豊島区議)さん、民進党の泉谷剛さん(前都議)が3議席を争うことになりそうだ。中でも長橋さんと本橋さんの街なかに張られているポスターには、小池都知事の写真を掲載し小池与党であることをアッピールしていている。選挙結果はどうなるか、共に当選するか否か?
 前回選挙(2013年)では堀宏道さんが26,693票、長橋けい一さん18,227票、米倉はるなさん13,320票、前職の泉谷剛さんは11,472票だった。前々回(2009年)では泉谷剛さん45,116票、矢島千秋(自民)さん24,049票、長橋けい一さん22,052票だった。都民ファーストの会からの本橋さんは2015年の区議会議員選挙で3,088票だった。
 都議会議員選挙データ(1997・2001・2005・2009・2013)>>●
 区議選挙(2015)>>● l
■自民党東京都連 https://www.tokyo-jimin.jp/
■都議会公明党 https://tokyo.komei.in/index.php?action_TopIndexPC=true&page=1
■民進党都連 http://www.dp-tokyo.jp/senkyo/2017/05/23/3781
■日本共産党東京都連  http://www.jcp-tokyo.net/togisen-2017/
■都民ファーストの会(小池百合子政経塾) https://koikejyuku.tokyo/
■堀宏道 http://hori-koudou.com/
■長橋けい一 http://www.komei.or.jp/km/tokyo-nagahashi-keiichi/
■米倉春奈  http://haruyone.com/
■泉谷剛 https://www.facebook.com/people/%E6%B3%89%E8%B0%B7%E5%89%9B/100010715255520
■本橋ひろたか https://www.facebook.com/people/%E6%9C%AC%E6%A9%8B%E5%BC%98%E9%9A%86/100000151892858

2017年 5月 24日

 戦後池袋の検証「〈ヤミ市〉文化論」が出版される

「〈ヤミ市〉文化論」(ひつじ書房)
 戦後池袋の検証「〈ヤミ市〉文化論」という本が2月に出版された。この本は2014年から始まった豊島区、立教大学、東京芸術劇場によって「池袋学」講座が開講し、その2年目の2015年秋のシンポジウム「戦後池袋の検証~ヤミ市から自由文化都市へ~」の記録を巻頭に掲載した書籍(ひつじ書房 税別2800円 全321頁)。
 このシンポには社会学の吉見俊哉さん、日本文化研究者のマイク・モラスキーさん、作家の川本三郎さん、そして立教の石川巧さんが司会している。シンポの記録の小見出しは<池袋とは何か、ヤミ市とは何か、闇市の多面性、闇市というストリートカルチャー、闇市と文学、文学者の目に映った池袋、永井荷風、種村季弘、池袋の可能性など>。
 Ⅱ部は「都市とメディア」で池袋駅西口の民衆駅(東横デパート)についてなどの社会学研究者の論文、Ⅲ部は「ヤミ市の表象」で映画や小説などについて、Ⅳ部は「風俗と表現」で占領期東京の小劇場・軽演劇・ストリップ、占領期のカストリ雑誌における原爆の表象、昭和20年の探偵小説・・・などとなっている。
 筆者はシンポ参加者と初田香成さん、石榑督和さん、井川充雄さん、落合教幸さん、後藤隆基さん、河野真理江さん、中村秀之さん、山田夏樹さん、渡辺憲司さん、渡部裕太さん。
 池袋のこれまでとこれからを考えるとき、この本は様々なヒントを与えるものになるのではないか。
 ちなみに初田香成さんの論文「都市としての闇市」では、闇市については大河内一夫(元東大総長)さんの1950年論文と松平誠(元立大教授)さんの1985年論文を先行研究としてあげている。その松平さんは、1984年に開館した豊島区立郷土資料館の開設準備に関係していて、資料館の常設展示の一つ「池袋のヤミ市」の展示のために調査研究を資料館学芸員とともに行っている。
■ひつじ書房 http://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-89476-847-5.htm
■池袋=自由文化都市プロジェクト https://www.geigeki.jp/performance/20150914g2/
■池袋学2015 https://www.geigeki.jp/performance/event099/
■豊島区郷土資料館 http://www.city.toshima.lg.jp/bunka/bunka/shiryokan/
     

2017年 5月 23日

 立教 六大学野球で優勝か?! 早慶戦待ち

  東京六大学野球がいよいよ大詰め。5月22日に延長12回で立大がサヨナラ勝ちで明大を2勝1敗で、勝ち点4を獲得し、勝率692で首位に立ち、優勝の可能性が大きくなった。現在の2位は勝点3、勝率667の慶大。27日からの六大学最終戦の早慶戦で、慶大が1敗すれば立教が優勝、慶大が2勝0敗なら慶大が優勝となる。
 もし立教が優勝ならば18年ぶりとなる。これまで立大が優勝したのは12回(戦前2回・戦後10回)で、最近では1999(平成11)年秋季、それ以前では1990(平成2)年秋季、1989(平成元)年秋季、1966(昭和41)年春季だった。
 立教の優勝は、学生や卒業生にとってうれしいことだが、池袋の街にとっても2万人ほどの学生が生活する街でもあり街のイベントでもある。昔のことだが1966年の優勝時には大学内だけではなく池袋の街全体が祝勝で沸いていたことを思い出す。
■東京六大学野球 http://big6.gr.jp/index.php
■立教大学野球部 http://rikkio-bbc.com/
■六大学野球中継 http://www.big6.tv/

2017年 5月 22日

 鬼子母神に紅テントの芝居小屋 唐組第59回公演

『ビンローの封印』  唐組第59回公演
 雑司が谷鬼子母神に紅いテントが張られている。このテントは劇作家唐十郎さんが主宰する劇団「唐組」の芝居公演のための芝居小屋だ。唐組はこの紅テントで各地で公演をしていて、鬼子母神の境内では春と秋に定期的に公演している。
 演目は『ビンローの封印』で唐組第59回公演、1992年以来の再演。作者は唐十郎さんで、演出は久保井研さんと唐さんが担当する。久保井研さん、辻孝彦さん、藤井由紀さんなどが出演する。
 今春は、鬼子母神境内では5月20・21日そして26・27・28日に公演。鬼子母神の前に4月末に大阪、5月に新宿の花園神社境内で公演していて、鬼子母神のあと再び花園神社、長野、山梨で公演する。前売券3,500円  当日券3,600円
いけぶくろjazz2017

いけぶくろjazz2017 5/21
■劇団唐組 https://ameblo.jp/karagumi/entry-12253240512.html
■唐ファン http://karafan.la.coocan.jp/

2017年 5月 19日

 お札と切手の博物館 王子駅前の国立印刷局

お札と切手の博物館
お札と切手の博物館
 1,000円などのお札、旅券(パスポート)、郵便切手、印紙・証紙 官報などを印刷している国立印刷局の王子工場がJR王子駅前にある。王子工場ではお札の印刷はしていないが、郵便切手その他諸証券類の製造をしている。その工場の一画の道路に面したところに「お札と切手の博物館」がある。2階建ての博物館で、1階のメインテーマは偽造防止に技術について、2階のテーマは古今東西のお札や切手についての展示。
 1階展示は、印刷技術の歴史、スタンホープ印刷機、製紙技術など、2階展示はお札の移り変わり、世界のお札、切手、お札の芸術など。各コーナーにはA4の解説シートがあり、さらに常駐している職員の方の解説で、お札の製造から歴史まで興味深い経験ができる博物館だ。常設展示だけではなく年に数回の特集展示会も開催されている。入場料無料 開館は9:30~17:00、休館日は月曜
■お札と切手の博物館 http://www.npb.go.jp/ja/museum/
■国立印刷局 http://www.npb.go.jp/index.html

2017年 5月 18日

 池袋から10キロのハイキング JRの駅からハイキング

 JRが主催する「駅からハイキング」の池袋編が5月20日から31日に開催される。JRが主催するので池袋を出発して池袋に帰るコースで、「豊島区内の重要文化財と池袋モンパルナスを歩く」がテーマになっている。参加費は無料、事前申込なしで、当日午前10時から12時までに東京芸術劇場で受付。コースの地図が渡される。なお20日は9時45分から出発式が行われ、先着1,000名に<ちょっぴりプレゼント>があるそうだ。
 コースは約10.0kmで、途中の見学時間を含め4時間ほどかかる。スタートは東京芸術劇場、立教学院展示館、旧江戸川乱歩邸、国の重要有形民俗文化財の豊島長崎の富士塚、熊谷守一美術館、自由学園明日館、雑司ヶ谷鬼子母神堂などを経てゴールは南池袋公園。熊谷守一美術館・自由学園明日館の見学には別途入館料がかかる。
■池袋からのハイキング https://www.jreast.co.jp/ekihai/evdetail.aspx?EvCd=0117005
■豊島長崎の富士塚 http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/203193
■旧江戸川乱歩邸 http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/rampo/
■熊谷守一美術館 http://kumagai-morikazu.jp/
■自由学園明日館 http://www.jiyu.jp/tatemono/myonichi.html

2017年 5月 17日

 芸劇で宮沢りえ主演の『クヒオ大佐の妻』

『クヒオ大佐の妻』
 東京芸術劇場シアターウエストで、5月19日から宮沢りえさんが主演する『クヒオ大佐の妻』(6月11日まで28公演)が始まる。この芝居は2009年の公開された堺雅人さんなどが出演した映画『クヒオ大佐』を監督した吉田大八さんの作品、そこで描かれた結婚詐欺師(クヒオたいさ)がらみの芝居だ。
 宮沢さんのほかに劇作家、演出家で俳優でもある岩井秀人さん、川面千晶さん、水澤紳吾さんが出演する。演出は作者自身が担当する。
 吉田大八さんの映画監督作品は『クヒオ大佐』や第36回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀作品賞を獲得した『桐島、部活やめるってよ』、2014年の『紙の月』など。
■クヒオ大佐の妻 http://www.kuhiowife.com/

2017年 5月 16日

ついに金華飯店(池袋駅西口)も閉店か?

 池袋西口の二又交番先に「金華飯店」と言う中華料理屋さんがある。最近その金華飯店の店頭の大きな看板が外され、シャッターが降りたままになっている。閉店なのだろうか?事情はわからないが、ついこの間まで夫婦で店を切盛り、スクータで出前もしていたのだがどうしたのだろうか?中華の老舗の北京亭、東方会館などはかなり以前に閉店しているが、今度は金華飯店か。昔からの店が次々消えていく。
 以前に聞いた金華の店主によると、先代の店主が敗戦後まもなく開業したそうで、今年で72年目になる。わたしの記憶でも、昭和40年代の前半には先代が切盛りしていて今の店主は2代目として店を手伝っていた。昭和40年代には2階建てで、奥行きもかなりあり、店の奥の2階の和室は宴会室として使われていた。店の前の「アゼリア通り」となっている道路は、かっては往復2車線の道路でバスがかろうじてすれ違う道だった。その拡幅工事に伴って金華飯店も立派なビルに建て替えられた。

2017年 5月 15日

 池袋西口に銀座 篝(かがり)が出店

 池袋西口のメトロ副都心線コンコースのエチカに、ラーメン屋の「銀座 篝(かがり)」が出店した。篝(かがり)は「ミシュランガイド」でビブグルマンとして選出されている店で、銀座だけではなく大手町、札幌などに出店していて池袋で6店目となっている。池袋店も銀座店と同じようにカウンター席だけの小さな店だ。
 ミシュランガイドでの格付けは、星3つから星一つと、星は付けないが美味しい店として「ビブグルマン」を紹介していている。ラーメン分野では星一つが二軒、ビブグルマンは二十七店が選出されている。
 この星一つの店は、巣鴨の蔦(つた)南大塚の鳴龍(なきりゅう)と豊島区の店が独占している。ビブグルマンには豊島区では立教通り(西池袋四丁目)の「しながわ」、祥雲寺(池袋 3丁目)近くのの「麺処 篠はら」が選ばれているので、篝(かがり)の出店で池袋西口はミシュランの「ビブグルマン」が三店となった。それでなくとも池袋はラーメン激戦区といわれ「大勝軒」、「無敵家」、「屯ちん」などラーメン店が林立していて、ラーメンズ好きには楽しみがふえた。
■ミシュランガイド https://clubmichelin.jp/guide/tokyo
■食ベログ https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13207980/

2017年 5月 12日

 長崎神社の獅子舞 5月14日

 西武線椎名町駅前にある長崎神社で獅子舞が披露される。長崎獅子舞は江戸末期から椎名町周辺(旧長崎村)の村人によって伝承されてきた民俗。長崎獅子舞と・その用具が豊島区の指定文化財に指定されている。今日まで地域の氏子さんや有志によって伝承されてきている
 5月14日は、午前9時から長崎獅子舞の”道行き”、10時半から冨士元囃子連中と寿獅子、千早高校の和太鼓、三遊亭吉窓さんの奉納落語『獅子の涙』、4時半からの獅子舞“笹舞”と続く。
 区が獅子舞を文化財としての指定した理由は、、<獅子頭をかぶり、腹に太鼓をつけた三匹の獅子が、ササラをもつ四人の花笠と共に舞う形は、関東地方によく見られますが、演目の組みかたにその特徴があります。なお、昭和初期からは四匹の獅子が演じるようになっています。>
■長崎獅子舞https://www.city.toshima.lg.jp/349/bunka/bunka/bunkazai/event/1604281002.html
■youtube 獅子舞 https://www.youtube.com/watch?v=bO7IzCeYibA
■豊島区指定の文化財 http://www.city.toshima.lg.jp/349/bunka/bunka/bunkazai/004407.html

2017年 5月 11日

 FT/17がインターンシップ・プログラム参加者募集

ゆずの花
 フェスティバル/トーキョー17(FT/17)がインターンシップ・プログラム参加者の募集をしている。18歳~35歳までで舞台芸術の制作業務、広報業務に興味のある人、募集人数は28名程度で、制作部門では(20~25名程度)、広報部門(2~3名程度)となっている。締め切りは5月30日。応募は下記のHPから
 フェスティバル/トーキョーは東京都などが主催する国際舞台芸術祭で池袋西口公園、東京芸術劇場、あうるすぽっと、にしすがも創造舎などで開催される。今年は9月30日から11月19日に開催される。
■フェスティバル/トーキョー17 http://www.festival-tokyo.jp/
■インターンシップ・プログラム http://www.festival-tokyo.jp/16/news/intern17/

2017年 5月 10日

 池袋演芸場の5月中席 圓丈 志ん輔 花緑 たい平

5月中席番組
 池袋演芸場の5月中席(11日から20日)は落語協会の担当。昼席(12時半から4時半)には柳家権太楼さん、大ベテランの三遊亭圓丈さんなどそして主任は古今亭志ん輔さん。夜の部(5時から8時半)は柳家さん喬さん、柳家花緑さんなどで、主任は「笑点」の 林家たい平さん。
 この中席は12時半から8時半まで昼夜入替えなしで、入場料は大人2,500円、65才以上2,000円、着物を着ていれば2,000円、親子割引もある。
■池袋演芸場 http://www.ike-en.com/index2.html
■落語協会 http://rakugo-kyokai.jp/jyoseki/index.php?pid=4

2017年 5月 9日

ウッチャン作の芝居 サンシャイン劇場で

  お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」のウッチャン(内村光良)さんの作・出演の芝居の公演が、サンシャイン劇場で5月10日から14日にある。
東京2/3(トウキョウ サンブンノニ)」と言う芝居でHPによると<3人の冴えない中年の役者とそれを取り巻く人々の物語で“業界モノ”でほぼほぼコントで、何にも考えないでご覧下さい>だそうだ。内村光良さん、池田鉄洋さん、長谷川朝晴さんなどが出演。5日間で6ステージ。入場料8,500円、7,000円
■「東京2/3」 http://www.maseki.co.jp/news/detail?news_id=1554

石丸幹二さん主演のミュージカル「パレード」芸劇で

 ミュージカル「パレード」は1999年トニー賞最優秀作詞作曲賞、最優秀脚本賞を受賞した作品で、今回の公演が日本初演。20世紀初頭のアメリカを舞台に、実際にあった冤罪を題材にした愛と感動の人間ドラマ。
 石丸幹二さん、堀内敬子さん、武田真治さん、藤木孝さんなどが出演。芸劇プレイハウスで5月18日から6月4日まで。33ステージ
■「パレード」 http://hpot.jp/stage/parade 

2017年 5月 8日

 池袋西口にジャズバンドが集結 5月20・21日

 池袋ジャズフェスティバル2017が、5月20・21日に池袋の西口で開催される。池袋西口公園、池袋西口駅前広場、ルミネ池袋8階イケレスガーデン、東武百貨店8階屋上「スカイデッキ広場、池袋マルイ店頭など10ヶ所の11会場で開催される。演奏時間は午前11時頃から始まるところや終演が20時までと、会場によって異なる。
 プレーヤーは各地の社会人アマチュアバンドやプロのバンド、人数も20数人のオーケストラから2人のユニットが出演する。2016年には232バンドでおよそ2,000人のプレーヤーが参加した。
 プロのバンドは、Carnavacation ユッコ・ミラーBAND、オバタラ・セグンド、安ヵ川大樹 D-musicaラージアンサンブルなどが出演する。
スケジュールなど詳細は下記HPで。
■池袋ジャズフェスティバル2017 http://www.ikebukurojazz.com/

2017年 5月 2日

 池袋演劇祭が審査員100人を募集

  池袋とその周辺で9月に開催される「第29回池袋演劇祭」が審査員100人の募集を5月8日から6月18日までおこなう。審査員の応募には、18才以上で説明会の出席や指定された3つから5つの公演を鑑賞して採点表を記入提出ができれば、特段の資格や経験などは求められていない。
 この演劇祭の特色は、参加できる劇団・グループはプロ・アマチュアを問われることなく誰でも参加できること、そして最大の特色はこの審査員制度で、第1回から続けられていて、100人の審査員の採点により、池袋演劇祭大賞(副賞30万円)、優秀賞2作品(賞金15万円)、豊島区長賞(賞金15万円)などが決定されることにある。
 今年の池袋演劇祭の詳細はまだ公表されていないが、劇団・グループは40数団体が参加する予定になっているようだ。16回から28回までの記録>>●
■池袋演劇祭 http://www.ikebukuroengekisai.jp/

2017年 5月 1日

 目白のヨネクラジムが8月末に閉鎖に

ヨネクラジム(目白)
ヨネクラジム(目白)
 目白のボクシングジムは4月28日にホームページで、2017年8月末に閉鎖すると公表した。ヨネクラジムは1963(昭和38)年に会長の米倉健司さんが設立し、54年間のあいだにガッツ石松さん(WBCライト級)などの世界チャンピオンを5名など36人のチャンピオンなど多くの選手を育成している。
 閉鎖の理由は米倉さんの息子さんによると、米倉さんが83歳と高齢になり体調も優れず選手の指導もきびしくなったため、そして以前から会長は、ジムは一代かぎりだと宣言していたとおり閉鎖するという。
 創立者の米倉健司さんは、1956(昭和31)年のメルボルンオリンピックにボクシングの代表として出場、3回戦で破れフライ級で8位、その後1958年プロに転向し1962年にボクサーを引退している。
■ヨネクラボクシングジム http://shunya-seri.sakura.ne.jp/yonekura-gym/
■Facebook https://www.facebook.com/yonekuragym/
  (C) 2004-2017いけぶくろねっと  All rights reserved